おうち英語のやり方

10歳11歳12歳で始めるおうち英語|英語は勉強になる年齢

記事内に広告を含む場合があります

10歳から12歳の小学校高学年のお子さんにとって、自宅での英語の取り組みは(おうち英語というよりも)家庭学習の位置づけにあるのではないかと思います。

子どもの成長過程においても反抗期を迎え、多少扱いづらく、幼い頃のように遊びならが自然に身に付けられない年齢です。

現役英語講師
はむ先生

はじめまして。
英語講師の「はむ先生」と申します。

教歴は15年ほど。現在は子育てをしながら、大学で非常勤講師として働いています。

個別相談も行っています。どうぞお気軽にご利用下さい!

英語力は継続することが最も重要で、日々の取り組みで着実に実力を高めることができることが特徴です。

スポーツなど、身長や体格など生まれ持った要因で結果が大きく左右される分野もあります。

言葉を身に付けることに関しては、どんなに優秀な人でも一定の学習時間が必要という点において平等だと言えるでしょう。

この記事では、バランスよく英語力を身に付けるための

  • 英語学習の始め方
  • 1)気を付けたいこと
  • 2)知っておきたいこと
  • おすすめ英語教材とその選び方

について、まとめていきます。

参考にしていただければ嬉しいです!

10歳11歳12歳で始めるおうち英語|英語は嫌いではなければ良しとする

学習科目の1つである「英語」に好き嫌いがあることは当然です。

他の科目同様、英語は嫌いでなければ良いくらいに捉えることをおすすめします。

今現在、英語が大好きだとしても、子供にとってストレスの少ない勉強法を探して継続していくのがうまくいくコツです。

詳しくは後述しますが、外国語を身に付けるには想像するよりも長い期間が必要だからです。

成果の出やすい方法を選び、コツコツと継続することで高い英語力を身に付けることができるでしょう。

現役英語講師
はむ先生

小学校高学年は自分に合った勉強法を見極めていく時期です!

高度な日本語力を高めていく時期

10歳から12歳の子供たちは文字の読み書きにも慣れ、更に高度な日本語力を獲得していく時期に入ります。

子供たちは5歳頃に日本語の基礎力を獲得した後、小学校で文字の読み書き能力を高めてきました。

日本語は自然に身に付いたように感じるかもしれませんが、教科学習を通して日々高めてきた日本語力です。

小学校高学年になると語彙力が高まり、抽象的な言葉の理解が進み、論理性を理解できるようになります。

10才歳から12歳のおうち英語では、高い日本語力を活かして英語を身に付けていくことが効果的な時期だと言えるでしょう。

現役英語講師
はむ先生

意識的に英語を学び身に付けましょう!

2000時間をいかに早く越えるか

小学校高学年では如何にして英語の時間を作り出すせるかが、その後の成果を左右します。

10歳から12歳になると英語だけに取り組んでいればよい訳ではなく、他教科の勉強も必要になります。

クラブ活動や部活などに取り組んでいる場合は、放課後に練習することもあるでしょう。

英語を身に付けるには2500時間から4000時間の学習が必要であることが分かっています。

2000時間を超えたくらいで徐々に成果が見え始め、3000時間を超えると安定した英語の基礎力が身に付き始めます。

※ 学校教育下での英語授業は小3から高3まで全て合わせても約1200時間にしかなりませんので、その必要学習量の多さが分かると思います。

忙しい日々の中ですが中学校が目前に迫っていることを考えると、1日で取り組む英語時間を増やすなどの努力したいところです。

現役英語講師
はむ先生

目指せ2000時間!!

日本語を身に付けてから始める英語学習は工夫が必要

母語習得が進んだ10歳から12歳のお子さんが英語を身に付ける場合にも、ネイティブの音声をたくさん耳にすることは欠かせません。

何歳から英語学習を始めても、言葉を身に付けるためには大量にインプットすることが前提となっています。

※ この場合のインプットとは、英語を聞いたり(読んだり)することです。

一方、英語の音声がBGMのように流れていれば良い訳ではなく、年齢に応じて効果的な英語の聞き方は変わるので注意が必要です。

小学校高学年のお子さんに、意味が分からない英語音声をかけ流し続けても全く効果がありません。

10歳から12歳の小学生が英語学習には、

  • 意味が分かることを重視する
  • ネイティブの音声をたくさん聞く
  • 文字を見ながら音声を真似する(音読)

ことが必要です。

※ 意味を把握する方法として、文章を和訳することは避けて下さい。

これらが網羅されていることを確認した上で、お子さん性格や意欲にあった教材や方法を選ぶことをおすすめします。

現役英語講師
はむ先生

なるべく負荷のかからない方法が一番です!

\もっと知りたい場合はこちら/
小学生の英語学習が
分かり易く解説されています

10歳11歳12歳で始めるおうち英語|おすすめ教材と選び方

10歳から12歳のおうち英語では、時間を確保し、毎日継続することが何よりも大切になります。

直近の目安はこちらです。

  • 1日1時間程度
  • 元気なときはお休みなし
  • 毎日コツコツ続ける

※ 2000時間の学習時間を確保するには、1日1時間で約5年半かかります。

とはいえ、大人でも毎日継続することは難しいものです。

100%成功する万能な教材や方法はありませんので、子供が取り組みやすく継続しやすい方法を選ぶのが一番です。

負担が大きい様であれば1日30分でも構いませんが、毎日取り組むことを習慣化できるような仕組みを考えることは大切です。

英語学習を習慣化することを優先させると良いでしょう。

現役英語講師
はむ先生

長期的に考えると、英語は毎日の取り組みが何より大切です!

先生の力を借りて公文英語から始める

お子さんに自宅での学習習慣がない場合、「公文教室」を活用して始めることをおすすめします。

公文教室を利用する目的は自宅で毎日勉強をする習慣を身に付けることで、年単位で続ける必要はないと考えています。

▷ 公文の英語教材については、こちら

自宅学習を苦なく取り組めるようになれば、他の教材やサービスを利用してもお子さん自身で進めていくことができます

文字に強くなる小学校高学年のお子さんには公文英語もデメリットばかりではありませんが、公文教材では英語を話せるようにならないことは知っておきたい点です。

▷ 公文公式HPは、こちら

現役英語講師
はむ先生

公文英語は文法と読解に強いので、英検取得を目指す場合には向いています。

タッチペンで引き続き学習を進めたい場合には、七田式の英会話教材がおすすめです。

世界旅行をテーマにした内容は高学年のお子さんにぴったりで、日常会話で使う700フレーズを覚えられるカリキュラムになっています。

公文教室で身に付けた学習習慣を活かし最後まで取り組むことができれば、お子さんの自信になると感じます。

  • 料金:27,280円(税込み)

メイン教材の他、オンライン英会話5回分の料金も含まれていますので、覚えた英語を試す良い機会としても活用できそうです。

▷ 七田式タッチペン教材は、こちら

※ 個人的には七田式の教材は幼児には内容が難しすぎて不向きだと考えています。また、ホームページに記載されている「35日でバイリンガルになる」ということはまずあり得ませんので、広告の部分は気にされなくてよいと思います。

良質な児童書を使った音読から始める

あまり英語を話すことに積極的に慣れない場合には、音声付きのOxford Reading Treeを利用して英語学習を進めるのがおすすめです。

※ 音読は声に出しますから将来的にはスピーキングにも効果を発揮します

Oxford Reading Treeはイギリスの8割の小学校で採用されている国語の教科書です。

非常によくできていて、徐々に長い文章が読めるようになる工夫がされています。

現役英語講師
はむ先生

わが家でも利用していますが、とても楽しいお話です。

終始、日々の学習に親が付き合う必要はありませんが、最初はやり方を一緒に確認してあげると良いと思います。

以下のような手順で進めていきます。

  1. 挿絵を見ながら話しの流れを確認する(1文ずつ和訳しない)
  2. CDを聞きながら文字を追って英語を聞く
  3. 文字を追いながら、聞いた英語を繰り返す
  4. 1週間程度、同じ絵本を繰り返す
  5. 文字だけで読めるようになったら、次の絵本へ

▷ Oxford Reading Tree公式HPの多読ガイドは、こちら

付属のCDはフル活用することが理想です。

車での移動中、部屋にいる時間など、音楽代わりに流しておくことで、子供の英語を聞く時間を増やすことができます。

朝ごはんの時間にテレビ代わりにかけ流しておくなども良いかもしれませんね。

1冊のお話は適度な長さで面白く、取り組みやすい多読教材です。

▽CD付き30冊パック▽

まずは、Stage1-5(トランパックA)を完読することを目指すと良いと思います。

我が家もOxford Reading Treeを利用していますが、継続のハードルが下がるのでタッチペンで音声再生可能なORTセットを購入しました。

現役英語講師
はむ先生

ご自身の生活スタイルに適したものを選ばれるのが良いと思います!

質の高いオンライン英会話を上手く利用する

10才から12才で始める英会話レッスンは、会話だけでなく、読解力も同時に高められるカリキュラムを選ぶことをおすすめします。

中学校では教科書中心の授業で(結果として)読めるようにはなりますが、英語という言葉の読み方を教えてくれる先生に出会えることは稀です。

※ 学校教育ではフォニックス(英語の発音の仕方)を学ばないためです。

小学生のうちに正しい英語の読み方を外国人の先生から教えてもらうことは得策だと思います。

数ある英会話スクールの中でも、オンライン英会話ノバキッド(Novakid)のカリキュラムが一押しです。

▷ Novakid公式HPは、こちら

日本ではあまり知られていませんが、世界130か国で利用されておりヨーロッパ地域のオンライン英会話としてシェアNo.1を誇る実力派スクールです。

いわゆるお勉強形式ではない楽しいレッスン教材は、英語に慣れていないお子さんにも受け入れやすく気軽に英語を使うことができると感じます。

\おすすめプラン/

  • 頻度は週2-3回
  • 毎回、宿題をする
  • 無料教材に取り組む

※ Novakidを週2‐3回で利用していれば1-2年で自然に英語が読めるようなります。

講師はネイティブ・ノンネイティブから選ぶことができますが、使用するレッスン教材は共通しています。

他のオンライン英会話に比べてレッスン料が高めのノバキッドですが、質の良いカリキュラムに基づいた教材は本当に効果が高いのでおすすめです。

※ 講師の発音よりも「講師との相性」の方が大切ですし、講師の発音よりも「レッスン頻度」の方が成果に直結しますので、個人的に講師はネイティブ・ノンネイティブどちらでも構わないと思います。

▷ レッスン料は、こちら

ノバキッドでおうち英語を始める場合には、レッスン外で取り組める無料オンライン教材が豊富なので積極的に時間を作ることを心がけると良いと思います。

週2回のレッスンを1年半続けるとレベル0と1のクラスを修了することができ、簡単な英文を読むことが可能な力が付きます。

※ 無料体験レッスンの結果、もっと上のレベルからスタートする場合もあります。

英会話レッスンを週3回受けることができれば、平日1日おきに英語を話す時間を確保することができるでしょう。

通学タイプの英会話レッスンを週1回利用しても、正直なところ時間が少なすぎ成果は期待できません。

しかし、ある程度の頻度でオンライン英会話を利用し、レッスン外で英語時間を確保できれば成果が期待できます。

英会話レッスンが定期的に入ることで、毎日の取り組みが習慣化され、今後の取り組みにつなげられるのではないでしょうか。

現役英語講師
はむ先生

我が家も現在週3でレッスンを入れています。

レッスンの様子は、こちら

10歳11歳12歳で始めるおうち英語|毎日コツコツ取り組むことが将来を助ける

小学校高学年の10才から12才で始める「おうち英語」は、子供が苦労なく取り組めて、最終的には子供だけで学習を進められる方法を模索していくことがうまくいくコツだと思います。

他教科も勉強が必要な高学年の子供達にとって、英語の時間を確保することは大変です。

どんなことでも毎日続けるのって大変ですよね。

特に英語学習は継続が必要な科目なので、少しでも子供達が楽しく取り組める方法を探すことができればと思います。

現役英語講師
はむ先生

お子さんと一緒に最適なやり方を探すのがおすすめです!

どうしたら良いか分からないという場合には、メールにてお話しながら、おうち英語の始め方を一緒に決めていくことも可能です。

▷ はむ先生の個別相談は、こちら

無理なく取り組める「おうち英語」のヒントになれば幸いです!