目的別 7選!英会話スクールを探すなら こちら

4歳から英語では遅いのか?始めるコツは?

当サイトには広告が含まれていることがあります。

4歳からでは英語を始める年齢としては遅いのでしょうか。

結論からお伝えすると、当然ですが、遅すぎるということは決してありません。

現役英語講師はむ先生

はじめまして!
英語講師の「はむ先生」と申します。
教歴は15年ほど。現在、大学の非常勤講師として働いています。

4歳という年齢は、子供の好き嫌い・得意不得意が見え始める年齢であると感じます。

つまり、生まれたばかりの赤ちゃんと英語を始めるときの条件とは少し違うということです。

この記事では、

  • 4歳からの上手な英語の始め方

について書いていきたいと思います。

目次

4歳から英語では遅いと言われる理由とは?

何歳からでも身に付けることができると言われる外国語習得において、4歳からでは遅すぎると言われる理由を考えてみたいと思います。

個人的には、4歳からでも英語は問題なく身に付くと考えていますし、実際に4歳スタートで2年後には英検準2級取得という強者も知っています。

一方、0歳のお子さんとまた違う成長過程にあるので、その点は理解しておくと良いでしょう。

現役英語講師はむ先生

赤ちゃんスタートとの違いを見ていきましょう!

母語である日本語の基礎ができあがりつつある年齢

母語である日本語の基礎力は5歳でできあがると言われています。

生まれ月で差があると思いますが、年中から年長さんは母語の土台ができあがる年齢です。

現役英語講師はむ先生

未熟なところはありますが、どのお子さんも大体言いたいことは伝えられるようになりますね。

その少し前の4歳は、お友達同士の交流ができるようになり、言葉の数が一気に増える時期と重なります

日本語で聞いて分かる言葉が増えるだけでなく、自分で自由に言葉を使えるようになってくるという年齢です。

裏を返すと、理解できない英語を拒否しやすくなる年齢でもあると言えます。

「何言ってるか分からない」「英語はイヤだ」という反応をし始めるのも、4歳くらいからです。

それまでは母語である日本語でも分からない割合が多いためか、理解できないからと拒否することは少なく、分からないままに受け入れ映像や絵本を楽しめるお子さんが多い傾向にあると思います。

親の思惑通りに子供が動かなくなる

4歳くらいからお子さんの好き嫌いがはっきりしてきて、本人の言葉でそれを主張してくるようになります。

言い換えると、親御さんが計画したようにすんなりと動いてくれないと言うことが起こるのです。

※ どの年齢でも親が思ったように動かないのが子供ですが、年齢が上がるほど(本能というよりは)意思をもっていうことを聞かなくなります。

0歳の赤ちゃんはイヤだといいませんから、そういう意味で英語を始めやすい時期だと言えるのでしょう。

つまり、4歳からの英語は遅すぎるのではなく、簡単には英語に取り組んでくれなくなる可能性があるという方が正しい表現のように思います。

現役英語講師はむ先生

子育ては大変ですよね。

4歳から英語をどう始める?遅いスタートのメリットも!

個性が見え始めた4歳から英語を始めるには、どのようなやり方を選ぶのが良いのでしょうか。

私が子供英語で大切にすべきだと思うことは、子供の楽しいをとにかく重視することです。

いくつでも同じなのですが、お子さんがイヤだということを無理に進めることは得策ではありません。

子供の楽しいと英語をかけ合わせた教材を探すことをお勧めしたいと思います。

現役英語講師はむ先生

ネット環境が整い、子供英語教材も増えましたね!

子供の好きが見えやすくなる年齢

子供の楽しいを重視しながら英語を進めるとき、お子さんが4歳になっているというのはメリットにもなると考えています。

0歳の赤ちゃんは嫌いなものイヤだと言わない代わりに、好きなものもスキだとは言いません。

英語教材を選ぼうにも、どれが子供の好みの物かは分からないので、親御さんが継続できそうなものを基準に選びます。

現役英語講師はむ先生

数年後に、全く子供の好みでなかったということは起こります。

一方、4歳まで成長したお子さんは自分の好きに素直に反応します。

好きなことであれば一生懸命に取り組み、大人以上の集中力を発揮するのが子供だからです。

4歳になれば話ができる年齢なので、

  • どれが好き?
  • どれだったら楽しく取り組めそう?
  • 何がイヤだったの?

というような問いかけをしながら、子供と一緒に英語の取り組みを決めていくことができるのはメリットだと言えると考えています。

親御さんが独断で決めていかないというのは大事かもしれません。

映像教材を上手く使う

言葉の習得は音声からが基本です。

母語である日本語も親御さんがたくさん話しかけることで、子供は日本語を理解できるようになり、話せるようになったはずです。

外国語である英語は、日本語のように自由に操ることができないため、英語学習教材や動画を使ってたくさん聞かせることで代用します。

現役英語講師はむ先生

言葉の習得に「聞くこと」は欠かせません。

0歳の赤ちゃんには見せることに抵抗がある映像も、4歳になればアニメや動画をある程度見せているご家庭の方が多いのではないでしょうか。

これは4歳スタートのメリットだと言えます。

日常で見ている映像の一部を日本語から英語にするだけで、立派な子供英語の取り組みです。

子供がつまらないという映像を見せるのではなく、これなら楽しく見られるという英語の動画を見つけることがコツです。

映像は見ていれば良いだけなので、負荷が少ないうえに、情報量が多いメディアです。

※ 同じだけの量・時間を英会話の先生に話しかけてもらうことは不可能です。英語を大量に聞く必要がある言葉の習得に映像は欠かせません。

4歳から英語を始めたいと思ったら、まずは楽しく見られる映像教材を探すことをお勧めします。

▷ 4-6歳のオススメ教材は、こちら

オンライン英会話を積極的に活用する

言葉は聞かせているだけでは話せるようにはならず、その言葉を使う場を用意することが重要になります。

世の中には受容的バイリンガル (passive/receptive bilingal)と呼ばれる方もいて、聞いて理解できるけれど話せないバイリンガルを指します。

親御さんがどのレベルを目指すのかによりますが、英語を話せるようになって欲しいと思うなら英語を使う環境を用意することも必要だということは覚えておくと良いでしょう。

現役英語講師はむ先生

4歳は英会話スタートに良い時期です!

私が4歳から英語をスタートするなら、英語を聞かせることはもちろんですが、同時にオンライン英会話を利用し始めます

週2‐3回の頻度でマンツーマンレッスンを入れたいので、オンライン英会話スクールが予算的におすすめです。

▷ おすすめ英会話は、こちら

慣れるまで自宅でレッスンをうけるオンライン英会話は、親御さんの方が気を使ってしまい大変だと感じることもあるかと思います。

しかし、お子さんが日常会話ができるようになるまではマンツーマンがおすすめです。

グループレッスンで同年代のお子さんと週1回遊んでいても、英語を話せるようになることは難しいと感じます。

遅いと言われる4歳から英語は身に付けられる!

4歳からのスタートでも英語は身に付けられますが、親御さんの手助けはやはり必要です。

大人に近づき、目標をもって日々行動できるようになれば別ですが、子どもには無理でしょう。

放っておいても勝手に取り組むように見えているお子さんがいるのなら、そう行動できる土台を親御さんが築いてきたと言うことだと思います。

お子さんが自ら楽しく取り組めるような環境をせっせと用意するのが親御さんの役割です。

現役英語講師はむ先生

余計な一言を言わないようにとか、難しいですよね。

親御さんの手助けはやはり必要

自宅が活動の中心となる子供英語は、親御さん主導の取り組みとなります。

例えば、

  • オンライン英会話を週2回
  • 毎日15分英語DVD教材を見る
  • 週末はDVD教材を見る時間を30分にする

など、このような計画を立てていくのが親御さんの役割です。

実際に取り組むのはお子さんなのですが、子供の得意不得意に合わせて計画を立てることは親御さんにしかできません。

どこのオンライン英会話スクールを利用するか、どのDVD教材を使うかなど、考えることはたくさんあります。

理想的な計画を立てたと思っても想像通りに進まないことなどよくあることなので、適時修正していくことが必要となります。

子供の意見を聞いたり、様子から判断したりしながら、微調整していきます。

▷ はむ先生の個別相談は、こちら

現役英語講師はむ先生

やり方は1つではないので無理させないことです。

毎日の積み重ねが英語力となる

英語に限らず、言葉の習得は長い道のりです。

母語である日本語の完成は15歳頃という事実からも分かるように、外国語である英語学習の取り組みはずっと続くものだと言えます。

親御さんが肩代わりしてお子さんの英語習得を手伝うことができるのは、子供が幼いときの数年(長くても12年くらい)です。

現役英語講師はむ先生

目標を明確にするといいですね!

英語が自分の言葉として使えるようになるには、少なくとも2000時間くらいの取り組みは必要だと言われています。

1日1時間毎日取り組むと、5年半くらいで達成できる時間です。

ぎゅっと詰め込めるタイプなら、1日2時間で2-3年で達成できます。

いずれの場合にも、4歳からスタートすればお子さんが小学生の間には達成できそうです。

毎日の積み重ねがお子さんの英語力となっていくことを意識しながら、無理なくコツコツ取り組める方法を考えると良いと思います。

参考にしていただければ幸いです!

目次