英語絵本や教材

エデュオ(eduo)で始めるおうち英語!教材を詳しく解説

記事内に広告を含む場合があります

おうち英語を始めるハードルの高さは子供の年齢によって変わります。

3歳くらいまでは親の強い意思さえあれば、何とかなる年齢でしょう。

現役英語講師
はむ先生

はじめまして。
英語講師の「はむ先生」と申します。

教歴は15年ほど。自身の英語スタートは中学1年生から。現在は子育てをしながら、大学で非常勤講師として働いています。

個別相談も行っています。どうぞお気軽にご利用下さい!

しかし、4歳を過ぎて「言葉が分からないこと」を理由に英語を楽しめなくなると、途端におうち英語のハードルは上がるのです。

エデュオ(eduo)は日本語が上達した」お子さんにぴったりの英語導入教材です!

そして、一括購入を必要としないシステムが、おうち英語を始めるハードルを下げてくれているように思います。

この記事では、おうち英語教材

  • エデュオ(eduo)の特徴と購入方法
  • 教材の向き・不向き

について書いていきたいと思います。

\今だけ初回500円/

エデュオ(eduo)ってどんな教材?

エデュオの特徴は、絵本とワークブック・学習内容が連動したアプリを同時に使って学びを進めるところにあります。

子供の英語学習教材は数ありますが、ワークブックを使った教材、またはDVDなどの映像の教材と、どちらか一方という場合が多いです。

簡単に言えば、ワークブックはお勉強としての英語教材、DVD教材は文字を書けないお子さん用の英語教材でしょうか。

少し大きくなった幼児さんから小学校低学年くらいまでのお子さんには、手を動かしながら動画を見ることでより効率的な学びを期待できます。

オールイングリッシュで子供に最適

英語を話せるようになるには、英語を大量に聞く必要があります。

目安にしたい時間はおおよそ2000時間です。

毎日1時間英語を聞いた場合、約5年半で2000時間になります。

現役英語講師
はむ先生

なかなかの長い時間ですね!

子供の英語学習で難しいところは、英語を聞いてもらうにはどうしたらよいかを考える必要があることです。

大人は必要があるならばやるしかないと理屈で納得できますが、子供はそうはいきません。

オールイングリッシュの教材は、必然的に英語を耳にする時間を増やしてくれます

全部を日本語のように分かる必要はありません。

分からないままに聞いているうちに、いずれ分かるようになるのが言葉です。

ワークとアプリを併用する学習法

手を動かすことができるワークブックは、文字に親しむようになる年長さん以降の英語学習に向いています

しかし、英語が初めての場合、文字を読んでくれる人がいなければ、何が書いてあるかわかりません。

英語絵本も同じことが言えます。

また、言葉を身に付けるにはネイティブ話者の音声を聞く時間が必要です。

ワークブックに連動しているアプリ動画は、子供が楽しく英語のワークブックに取り組める大切な役割をしてくれます。

現役英語講師
はむ先生

楽しく取り組めそうですよね!

エデュオ(eduo)の料金は?

エデュオのもう1つの特徴は、テーマごとに単品購入できる便利さにあります。

市販の英語教材のほとんどは、教材をまとめて購入するシステムです。

年齢に関わらず、英語学習を習慣化できるか、継続するというのは大きな課題です。

一括購入は不安という場合にも、エデュオなら気軽に挑戦できます。

現役英語講師
はむ先生

我が家も1つ購入してみました!

テーマ別で全5種類!同一料金

今のところ、エデュオの教材テーマは全部で5種類です。

  • Elpha’s Friends from A to Z
  • Elpha Counts 123
  • What Color Do You Like?
  • What Do You Hear?
  • Is It Yummy?

送料込み、全て1セット2000円という低料金で始められます。

A-Zの文字、数字、色、動物、食べ物のどれから始めてもレベルに差はないので、お子さんが楽しめそうなテーマから始めることをお勧めします!

現役英語講師
はむ先生

無料アカウントを作成するとより詳しい内容が見られます

好きな時にオーダーできる

エデュオは必要なタイミングで注文するシステムです。

ポイントを購入▷教材を買う、という至ってシンプルなもの。

1ポイント1円で、1回のチャージは1教材分の2000ポイントです。

現役英語講師
はむ先生

つまり、2000円ですね!

ポイントチャージの方法は2つあります。

  • (通常の)チャージ
  • 月謝チャージ

通常のチャージは、教材購入の際に毎回チャージするというものです。

月謝チャージは、毎月、お月謝が引き落とされるようにチャージされます。

特権として200ポイント多くもらえます。

教材購入は毎月でなくても良いので、ポイントがたまっていく可能性もありますね。

ポイントに期限はありませんが、ポイントがたまりすぎたら一旦キャンセルするのが良いと思います。

現役英語講師
はむ先生

月謝チャージのキャンセルはいつでも可能です!

エデュオ(eduo)が向いているのは誰?

エデュオの教材が向いているのは、年長から小学校低学年のお子さんです。

英語が初めての場合はもちろん、乳幼児期から英語に触れているけど文字が書けないという場合にもおすすめです。

現在、小学校3年生から英語授業が始まり、5年生からは成績も付きます。

小学校入学前後になると、英語学習を考え始める親御さんは増え始めますが、その年代に適した教材はあまり多くありません。

エデュオは文字を習い始めた年齢のお子さんにぴったりです!

年長から小学生低学年で英語を始めるお子さん

エデュオはもともと4歳から8歳の子供に適した教材として製作されています。

教材を見てみても、手をうまく動かし文字を書けるようになる年齢の子供達にぴったりの内容だと感じます。

この辺りは個人差があるので、4歳では早すぎる場合もあると思います。

小学校入学の子供達は、ワークブックという目に見える形で英語学習を進められることも効果的です。

英語は自然に身に付くというよりも、学習を通して学ぶ言葉になりつつあるからです。

現役英語講師
はむ先生

6歳前後のお子さんにおすすめ!

英語を身に付けることだけを考えるなら、無料のYouTube動画で英語アニメを見てくれれば、同じような効果を得ることができます。

ABCや色を覚えることは難しいことではありません。

しかし「今日から英語アニメを見るよ!」と言ってもスムーズに見てくれない方が、この年代の子供たちです。

英語は習慣化して、コツコツ取り組むことで身に付きます。

初めて英語を学ぶきっかけ作りにエデュオの教材は最適だと思います!

英語初中級で文字を導入したいご家庭

乳幼児期から英語を生活に取り入れてきた場合、うまく軌道に乗れば、それなりに英語で話しが出来るようになっていると思います。

しかし、文字を書いたり読んだりする能力は、言葉を話すこととは別の能力です。

このような、文字の読み書き能力を身に付ける必要がある英語初中級レベルのお子さんにもエデュオは適しています。

現役英語講師
はむ先生

息子も英語を書けないので試してみたいですね!

日本語で考えると分かりやすいと思います。

子供は5‐6歳にもなるとそれなりに話しができますが、読んだり書いたりすることは練習しなければできません。

エデュオは動画を上手く使い「真似して書くこと」も強化してくれる教材です。

エデュオ(eduo)の購入方法は?

エデュオ(eduo)は公式HPから購入できます。

初回は割引特権が適応されるので、ぜひこの機会に試されてみて下さいね!

公式HPから初回500円で購入できる

公式HPを見てみると、あまり教材内容が詳しく書かれていないと感じられるかと思います。

私も実際に購入してみて分かったのですが、無料のアカウント登録をすると詳しい教材内容が見られるようになっています。

以下のように、それぞれのコースの詳細が見られます。

1つの教材は、2週間から1か月使える分量となっているので、子供が興味を持ちそうな内容を選ぶのが良いと思います。

お子さんと一緒に選んで、楽しみに待つのも良いですね。

年長から小学校低学年のお子さんの、おうち英語デビュー教材にエデュオはぴったりです!

\今だけ初回500円!/

現役英語講師
はむ先生

決済画面で割り引かれますよ!