早期英語って本当にいいの?

幼い頃から英語を始めると、具体的にどのような良いことあるのでしょうか。

早期英語教育とは「中学校入学前に始める英語教育」を指し、子供によって開始年齢に差がある(0歳から12歳)ことが特徴です。

こちらでは12歳以下のお子さんを持つ親御さんに向けて、

  • 早期英語教育のメリットとデメリット

を簡潔に書いていきたいと思います。

※ 子供の年齢が幼い程、その特徴が顕著に表れると考えて頂ければ良いと思います。

現役英語講師
はむ先生

私自身は早期英語はお得な取り組みだと考えています!

1. 早期英語の良いところ!

私は早期英語で得られるメリットを

  1. 頭の良さに関係なく英語が身に付く
  2. 子供本人の意識的な努力を必要としない
  3. 大人になってからでは得られない「聞き取り能力」が育つ

という3点だと考えています。

人間の赤ちゃんは個人の能力に関係なく言葉を身に付けることができます。

これは人間に生まれつき備わっている言語習得能力を使って言葉を身に付けているからであり、意識的な学習(お勉強)とは異なるものです。

つまり、子供本人は英語を身に付けようと努力する必要がないのです。

子供たちが気が付いたら日本語を使えているように、生活環境を整えることで英語も自然に使えるようになっていきます。

現役英語講師
はむ先生

英語が身に付く生活環境を整える取り組みを「おうち英語」と呼んでいます。

個人的に、早期英語の最大のメリットだと感じることは、(遅くに英語学習を始めた場合には得られない)英語聞き取り能力が身に付くことだと考えています。

私自身がそうですが(早期ではなく)遅くから英語学習を始めたことで、5歳の子供が聞き取れる英語の音が、TOEIC満点の大人には聞き取れないということがあり得るのです。

2. 早期英語のイマイチなところ!

早期教育のデメリットは、

  1. 子供に代わって親に努力が必要とされる
  2. 成果が見えるまでに時間がかかる
  3. 英語環境を整える方法を知る必要がある

という3点です。

子供は生まれつき備わっている言語能力を使うため意識的な努力を必要としませんが、その能力が発揮されやすい「生活環境を用意する」ことは親御さんの役割となります。

つまり、早期英語は親御さんの取り組みだと言えるのです。

現役英語講師
はむ先生

子供が将来必要となる努力(時間)を親御さんが肩代わりするイメージを持っています。

成果を得るには年単位の時間が必要であることは、子供の英語教育を始める前に知っておきたい点の1つです。

難しいことをする必要は何もありませんが、続けなければいけません。

数か月の取り組みで変化が見られないことを理解しておくことで、途中で止めてしまうことを防ぐことができます。

試行錯誤しながらも我が子に合った英語環境を整えることを楽しめる親御さんが、早期英語教育に向いている様に思います。

一緒に「おうち英語」を始めてみませんか?

▷ もっと詳しく知りたい方は、こちら