エッセイ

【2000時間に根拠なし】幼児英語教育は長期的に考えた方がいい話

英語を習得するには2000時間必要という話は、どこから来たのでしょうか。

2000時間というと、

  • 1時間×2000日(約5年5か月)
  • 3時間×666日(約1年10か月)
  • 5時間×400日(約1年1か月)

こんなくらいの長さです。

イメージはつかめるのではないかと思います。

現役英語講師
はむ先生

はじめまして。大学で英語を教えている「はむ先生」と申します。

教歴は15年ほど。現在は仕事をしつつ、4歳の息子の相手をする、そんな毎日を過ごしています。

ママの視点だけでなく、プロの視点から、お子さんの英語教育に役立つ記事を書いていきたいと思います。

個別相談も行っています。どうぞお気軽にご利用下さい!

私がこの2000時間必要という話を始めて聞いたのは、息子が赤ちゃんのときです。幼児英語教材で有名なディズニー英語システムの営業マンからでした。

その時は、営業トークの1つだろう程度に聞いていましたが、実際に英語習得にはどのくらいの時間がかかるのか、調べてみることにしました。

結果

根拠はない

→ 習得には2500~4000時間必要

実際、英語習得には2500~4000時間と更に長い時間が必要で、学校だけの英語授業では全く足りていないことが分かりました。

この記事では、立命館小学校の先生が書かれている、正頭英和著『世界トップティーチャーが教える 子どもの未来が変わる英語の教科書』(講談社出版)より一部を抜粋、その内容をまとめていきたいと思います。

また、私が研究の専門分野としている

  • 英語学習動機づけ
  • 英語教授法
  • 学習者心理

の視点から、記事を追加、おすすめ教材の紹介をしていきます。

必要な英語学習時間は2000時間以上!

英語習得に必要な学習時間

2500~4000時間

一般的に英語を身につけるには、2500時間から4000時間の学習が必要と述べられています。球技にセンスが良い人と悪い人がいるように、英語にもセンスのあり、なしがあります。

センスに優れたタイプは2500時間で習得できたとしても、センスに乏しいタイプは4000時間要することもあることが分かっています。

現役英語講師
はむ先生

英語教育の分野では、言語習得に対するセンスの有無を「個人差要因」として調査しています。

同じ勉強をしたはずのAさんとBさんの間に、成果の違いがあるぞ。何だろう?

こんな疑問を明らかにする研究分野です。

変えられない要因ではありますが、性別もその1つで、男性より女性の方が言語習得に対してセンスが良いことが分かっています。

学校教育の英語授業時間はどれくらい?

仮に英語の授業が週4コマあるとします。

1コマ45分だとすると、年間で140時間ほどです。

実際には行事やイベントなどで授業時間が削られることがありますから、実質は年間120時間程度でしょう。

小学校3年生から高校3年生までには10年間あります。

週4コマずつ英語を10年間学び続けた英語学習時間

1200時間

どうでしょうか?

先ほど述べましたが、英語が身につくまでの必要学習時間は2500~4000時間です。

1200時間は2500時間の半分、4000時間の3分の1以下に過ぎません。

使える英語を身につけるためには、学校の授業で英語を学んでいるだけではどうしても足りないということが起こります。

授業外での英語学習時間を増やすには?

学校での授業だけでは時間が足りないのですから、授業中以外で英語を自主的に学ぶ時間を増やす必要があります。

本書ではこうも述べられています。

逆に言えば、「英語教育に熱心な私私立校と違って、うちの子が通っているのは普通の公立だから」と諦める必要もないのです。もともと、学校で学べる時間では、圧倒的に足りないのですから。

p.75

こうなると、親の立場から「じゃあもっと自宅の課題を増やしてもらわないと」となりそうですが、正頭先生はこう警告しています。

明治以来、日本人は120年以上このスタイルで英語を勉強してきて4技能が身につかなかった、という過去があるのですから、同じ轍(てつ)を踏んではなりません。

p. 75

必要なのは、英語が学びたくなるような仕掛け作りだとアドバイスされています。

2000時間でも十分?目指したい英語力はどの程度?

英語で何をしたいかを明確にしよう!

目的達成には、どのレベルの英語が求められるのか、何を目指せばよいのか逆算することができるからです。

外国語を習得するには長い時間が必要です。

逆にいうと、時間さえかければ、誰でも外国語は習得できます。

英語は言葉であるので、センスがないから習得できないというようなことは起こらないのです。

現役英語講師
はむ先生

皆さんは英語学習の目的をどのように考えられているでしょうか。

言語習得にはレベルがある

外国語教育学の分野では、言葉習得にはレベルがあると捉えています。

BICS(Basic Interpersonal Communicative Skills)とCALP(Cognitive Academic Language Proficiency)です。

BICS

日常的に使われる会話能力

CALP

認知学習能力で物事を深く考えたり学んだりできるレベルの国語力

一般的に多くの人が想像する「英語を使える人」というのは、日常会話能力(BICS)を持つ人を指すのではないでしょうか。

外国人に道を尋ねられ答えられる、楽しそうに話ができるなど、憧れの的となりますね。

しかし、日常会話レベルを目指したい英語力とするならば、1500時間~3000時間でも大丈夫かもしれません。

一方、物事を深く考えられ、英語ネイティブと対等に仕事ができるCALPレベルで話せて、読めて、書ける能力を求めるならば、4000時間でも足りないでしょう。

日本語を一生をかけて言語力を高めていくように、英語も自分の言葉として磨いていく努力が必要となります。

自分が目指したい目標によって必要な学習時間は大きく異なると言えそうです。

英語学習に2000時間以上投資する価値はどこにあるのか?

英語が使えるようになるには、長い時間かかることが理解できたと思います。

2500~4000時間あれば、どのような分野のことであれ、多くの目標は達成できそうな時間です。

個人的な理由に英語を結び付けられる場合は良いのですが、英語を勉強する理由が見当たらない場合はどうでしょうか。

これだけの長い時間を英語学習に費やす価値はどこにあるのでしょうか。

現役英語講師
はむ先生

英語だけではないかもしれませんが、勉強は楽しいことばかりではないですし、うまく進まないことも多いですよね。

得意科目ではない場合は、特に「なんで英語の勉強をしなくちゃいけないのか」と子供からも尋ねられることも多いと思います。

本書に面白い視点で英語学習の目的・価値が書かれていたので、ご紹介させて頂きたいと思います。

英語は「経験値を増やす行動力」を高める力となる

本書では、AI時代の教育のあり方や英語の位置づけについて触れられており、教育は知識重視から経験重視へシフトしていくと述べられています。

それはテクノロジーの進歩により、知識で測るような学力では大きな差が生まれなくなっているからです。

確かに、検索すればすぐに正解が分かる時代に、詰め込んだ知識だけで学力を測ろうとするのはナンセンスです。

誰もがスマホで電卓機能を持ち歩くようになった時代に、計算力ばかりを高めても仕方がないのと同じです。

大切なのは知識で測る学力よりも、経験を生み出す行動力だと正頭先生は言います。

そして、英語を学び使えるようになることは経験値を増やしてくれる行動力に火をつけてくれると言います。

英語を学ぶと行動力が高まる理由

英語という新たなスキルを身につけることで自信が生まれる → 自信が生まれると失敗を恐れずに行動し、経験値を高められる

英語を覚えると使ってみたくなる → それが外国人と話す、海外に行く、といった行動力を高めてくれるきっかけになる

英語を身につけると出会う人とそこから得られる情報が変わる → 出会いが変わり、出会う言葉が変わり、視野が広がる

必要な学習時間は2000時間以上だった!英語を楽しく学べる環境づくり

結局、親が子供にできることは、楽しく学べる環境づくりだと思います。

子供に押し付けず、子供自身に興味をもってもらいながら、英語学習時間を延ばしていくことができれば、理想です。

ただし、英語習得の視点から見ると、何から初めても良い訳ではありません。

言葉は突然話せるようになるわけではなく、たくさん聞いてから(読めるなら読書でもOK)、初めて自分の言葉として口に出すようになります。

赤ちゃんと同じですね。

現役英語講師
はむ先生

ここからは、私が厳選したおすすめの英語教材と英会話スクールをご紹介したいと思います。

おすすめの英語教材(英語インプット用)

CD付き英語絵本と歌 Baby English Labo

英語圏で有名な絵本毎月1冊(6か月間)送られてくる絵本教材のセットです。

現役英語講師
はむ先生

0~2歳用として販売されていますが、私は小学校低学年くらいまでは、絵本や歌からの英語導入が理想だと思います。

絵本にはネイティブの音声で語られているCDが付いており、絵本をめくりながら子供さんと一緒に楽しむことができます。

また、英語を身に付けるにはたくさん聞く必要がありますから、聞き流しの素材にぴったりです!

また、マザーグースを含む、英語の歌もCDに含まれています。

幼い頃に一緒に読んだ本は、年齢があがってもお気に入りの1冊となりますので、おすすめしたい教材です。

Amazonなどで洋書が簡単に手に入る時代ですが、質の高いCD付きの英語絵本はなかなか見つからないのが現状です。

良質な赤ちゃん向けの英語絵本と歌をお探しなら、こちらのセットは検討の価値があると思います!

Baby English Labo公式HPはこちら→

ディズニー英語システムの中古DVD・CD教材

ディズニー英語システムの英語教材は、モールなどでサンプルを配布していたりと、一度は見聞きされたことがあるのではないかと思います。

私の研究者仲間の間でも、教材の質は高いと評判で、私もフルセットではありませんが一部購入し使用しました。

3歳~小学校低学年の子供さんにおすすめの教材です。

映像付きの教材をお探しであれば、私はこちらの教材の中古DVD・CDをおすすめしたいと思います。

他に、代わりとなるような教材があるかを考えたのですが、これより良いものは思いつきませんでした!

分かりにくい名前の付いた教材がたくさんありますが、必要なものは、次のDVDとCDです。

購入したいDVDとCD教材

ストレート・プレイ 12枚(お話)

シング・アロング 12枚(歌)

ストレートプレイ・シングアロングに対応した音声CD

ひとまずこれで十分だと思います。

ストレート・プレイはお話(語り)がメインで、それと同じ内容を歌にしたものがシング・アロングです。映像のない音声CDもありますので、聞き流しに使用できます。

メルカリなどでたくさん売られており、新品に比べると格安で購入できます。

現役英語講師
はむ先生

正規ルートで新品を購入する利点は、会費を払うことで、割れたり、壊れたりしても交換してもらえるところだと思います。

しかし、非常に値段が高いので、中古で購入し1~2年ほど使用したあと英会話レッスンに移行した方が、私は賢明だと思います。

ずっと同じ教材を使い続けるのは親も子も飽きます。もう一度やり直せるなら、私はそうします。

小学校高学年 おすすめ英語教材(英語インプット用)

年齢が上がってきたら、文字の入った、こちらの教材の方が取り組みやすいと思います。参考になさって下さい。

【小学生におすすめ英語勉強法】聞き流しは幼児まで。倍速学習と暗唱を! 2020年度から必修化された英語教育は、残念ながら、小学生の英語嫌いを作り始めています。 主な理由は「英語を聞いても何を言ってい...

おすすめのオンライン英会話スクール(英語アウトプットの場)

Novakid(ノバキッド)

カリキュラム(学習計画)、教材、教師、3つ揃って質が高く、毎回のレッスンにとても満足できるスクールです。

対象年齢は4歳から12歳です。

こちらは教室に通うスクールではなく、自宅でレッスンを受けるオンライン英会話スクールで、オンラインレッスンの強みを生かしたゲーム形式のレッスンが受けられます。

パソコンまたはタブレットを利用し、画面を通して先生とやり取りをしながら、ゲームをしているのかのようにレッスンが進みます。

英語が初めての子供さんも、英語が苦手な子供さんも、楽しみながら英語力を高めることができるので、おすすめしたい英会話スクールです!

Novakidについて詳しく見てみる→

レッスンを通してフォニックスを学ぶことができ、話すことだけでなく、同時に文字が読めるようになっていきます。

値段だけで選ぶとオンライン英会話スクールは質の高くないところもあります。

ノバキッドは日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパNO.1の英会話スクールとして知られています。教員全員が英語の教員免許をもっている唯一のオンラインスクールです。

現役英語講師
はむ先生

英会話に意味があるの?と思われる方もいらっしゃると思います。

実際に私もそう思っていましたが、息子がノバキッドを利用して意識がガラリと変わりました。

ぜひ体験してみてください!