おうち英語でセミリンガルを作らない|赤ちゃん時期は母語優先が正解!

当サイトには広告が含まれていることがあります。

おうち英語とは、自宅で親が主導となって進める英語教育のことです。

TwitterなどのSNSでは、英語教育を仕事としているか否かに関わらず、英語が得意な親御さんが中心となって一生懸命取り組まれている投稿が見られます。

おうち英語に関連する情報を見ていると、おうち英語教育とバイリンガル教育の情報が混在していることが気になります。

大学英語講師はむ先生

はじめまして!
英語講師の「はむ先生」と申します。教歴は15年ほど。
現在、大学の非常勤講師として働いています。

この記事にたどりついた親御さんは、

  • 日本語を母語とする両親
  • 日本で子育てをしている

場合がほとんどだと思います。

この場合、国際結婚で英語ネイティブが家庭内にいる環境や、英語が日常的に話されている海外で生活している場合とは一緒にはなりません。

子供が将来どこで活躍するかは本人次第ですが、日本で公教育を受ける予定の子供が目指す目標は外国語としての高度な英語力の獲得」です。

外国語としての高度な英語を身に付けるには、豊かな語彙力、表現力を、母語である日本語で身に付けていることが必須です。

下手に2か国語を同レベルに操るバイリンガルを目指すと、どちらの言語も中途半端なセミリンガルを作り兼ねません。

この記事では、

  • セミリンガルを作らない母語習得優先のおうち英語

について書いていきたいと思います。

タップできる目次

おうち英語でセミリンガルを育てない為に知りたいこと

外国語は母語の習得レベルを越えない

おうち英語で避けたい失敗は、日本語も中途半端、英語も中途半端という状態で育ってしまうことです。

第二言語習得研究から、外国語の言語レベルは母語を超えることは無いことが明らかとなっています。

母語というのは養育者が話す言葉を指し、通常それが本人にとって最も使いやすい言葉である第一言語になります。

この調査結果は、近い将来、海外に移住するなど予定がない限り、母語(第一言語)である日本語力を高めなければ、英語力がそれ以上になることはないことを示唆しています。

日本語力 > 英語力

大学英語講師はむ先生

日本語力が常に上ですので、英語力を判断するよい目安になります。

日本に住みながら日本語習得優先でおうち英語を進めたら、英語は話せるようにならないのではと考えられる親御さんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、そのようなことはありません。

日本語優先のおうち英語をすることで、日本語は年齢相応に、英語は日本語よりも少し劣るレベルで子供は英語を身に付けていきます

英語を身に付けてもらいたいという思いが強すぎて、赤ちゃんの時期から英語を積極的に聞かせたり、話しかけたりする様子もSNSなどで見られます。

しかし、母語習得に影響がでるような、行き過ぎた英語教育には注意が必要です。

日本語を大切にするおうち英語

人間は身に付ける言葉を選んで生まれてくる訳ではありません。

日本語を母語とする両親から生まれたとしても、英語が使われる環境で育った場合、日本語を身に付けることはありません。

おうち英語は、この原理のもと、日本語と同時に英語力も育てようという取り組みだと言えます。

置かれた環境に合わせて
赤ちゃんの習得する言葉は変わる

現役英語講師はむ先生

すごいことですよね!

セミリンガルにさせない為には、日本語と「同時に」という部分が大切です。

日本に住んでいるんだから、日本語は勝手に身に付くだろうと考えず、日本語も英語と同じように意識して触れさせる必要があります

私は母語である日本語が習得されなければ、元も子もないように考えています。

息子の生活が自宅中心の3歳頃までは、日本語9割・英語1割を常に意識しながら、英語を生活に入れていました。

外国語レベルは母語レベルを越えないという点から考えれば、英語の絵本を3冊読み聞かせているなら、日本語の絵本は6冊読み聞かせる方が良いかもしれません。

言葉のバランスは親御さんの考え方、今後の住む生活環境によって変わると思います。

おうち英語を闇雲に進めるのではなく、習得したい言語のバランスをよく考え調整ることが大切です

セミリンガルにしないおうち英語のやり方

子供には自然に言葉を伸ばしていく時期がある

子供が生まれてから言葉を身に付けていく時期のことを、専門家たちは言語形成期と呼んでいます。

一般的には、0歳から15歳の子供を指し、前半と後半で、言葉を身に付ける特徴が異なることが分かっています。

\黄金期/
言葉を上手に習得できる年齢

0~8歳:言語形成期前半
8~15歳:言語形成期後半

おうち英語の子供達があてはまる0歳から8歳の特徴は、無理に言葉を学ぼうとしなくても、耳から言葉を聞くことで自然に英語が身に付くという点です。

身を置く生活環境さえ整っていれば、自然に英語を身に付ける能力を子供は持っているわけですから、外国語は早い方が良いと言われるのも納得ができます。

しかし、この言葉を身に付けるための特別な能力は、母語をより優先的に身に付けるために備わっているものです。

「じゃあ、英語をどんどん聞かせよう!」と単純に考えるのは危険です。

大学英語講師はむ先生

このような調査はバイリンガル研究の分野で行われています。

▽こちらの本がおすすめです▽

0歳のおうち英語はやりすぎに要注意

母語の基礎力が完成するのは、子供が5歳頃だと言われています。

生まれたばかりのときは、世界中のどの言語でも身に付けられる能力をもつ赤ちゃんです。

つまり、0歳児が最も外からの影響を受けやすく、過度なおうち英語によりセミリンガルを育ててしまう可能性が高い時期だと言えます。

現役英語講師はむ先生

母語が育ってしまえば、簡単にセミリンガルにはなりません。

人間の赤ちゃんは、6か月頃から1歳頃にかけて、周囲で使われている言葉(つまり、母語)を優先して習得できるよう脳を適応させていくことが分かっています。

セミリンガルにならないように注意が必要な時期ではありますが、その時期に英語の音声を身近に聞かせることによって、英語も生きていくのに必要な言語と認識されることが期待できます。

0歳のおうち英語で赤ちゃんに英語に触れさせるメリットは、1歳以降、本格的に取り組んでいくおうち英語に備えて英語を聞き取れる耳を残すことです。


▽0歳の子育て時期の重要性▽
こちらの本がおすすめ

育児は親の母語で行うことが基本

子供の母語習得を確立するためにも、親は必ず自分の母語で育児をする必要があります

英語での語りかけは必要なく、そのような過度な取り組みをしなくても、子供は英語を話すようになります。

何十年もかけて培った自分の母語で育児をするからこそ、状況や感情に合った、最も適切な言葉で表現できるのです。

語りかけについて
▽詳しい記事はこちら▽

https://ouchi-schooling.com/eigo-katarikake/

親や周りの大人から成熟した言葉で話しかけられ、愛情を注がれ、子供が母語を日々確立していきます。

バイリンガル研究の結果からも、幼い頃に習得した母語は外国語習得にも非常に重要な役目を果たすことが分かっています。

日本に住んでいるのだから、日本語は勝手に習得できるだろうと考えるのは間違いです。

大学英語講師はむ先生

子供の母語が生きていく中で習得する全ての言語の土台となります!

おうち英語でセミリンガルになる理由は憧れから?

おうち英語で取り組むのは早期英語教育

SNS上でのやり取りでは、自宅での英語の取り組みの総称を「おうち英語」と呼んでいます。

セミリンガルを生み出さないためにも、おうち英語の取り組みは「バイリンガルを目指すものではないことを改めて理解しておくことが大切です。

この記事を読まれている親御さんは、英語ネイティブ話者ではなく

  • 両親ともに日本語を母語にしている
  • 日本で生活している

という条件にあてはまっていると思います。

この場合、私たちが子供に行う英語教育は「早期英語教育」による、高度な外国語としての英語力の獲得です。

現役英語講師はむ先生

早期英語教育というのは中学校前に始める英語教育を指します。

おうち英語ではバイリンガルにはならない事実

おうち英語で用意できる環境では、いくら頑張っても、バイリンガルになるためには不十分であることはご存じでしょうか。

バイリンガルとは、年齢相応に使いこなせる言葉が2つある人のことを言います。

大学英語講師はむ先生

バイリンガルは世界的にみても数%の貴重な存在です。

例えば、幼児期にプリスクールやインターナショナルスクールに通わせ、日常生活で英語に触れられる環境を整えたとします。

そこまでしても、年齢相応レベルに英語と日本語を身に付けたバイリンガルにはならないのです。

親から見たら流暢に英語を話しているように思える場合もあるでしょうが、英語ネイティブにはその違いが分かります。

日本語に関しても同様に、幼稚園での生活で日本語に触れなければ、学外で親からの日本語フォローがなければ、年齢相応には育ちません。

Twitterにこのような投稿を見かけました。

英語も年齢相応に育っておらず、日本語も育っていないというセミリンガルにならないためにも、バイリンガルになる難しさを理解し、親が上手く調整する必要がありそうです

そもそもバイリンガル教育ってなに?

バイリンガル教育というのは、

  • 国際結婚で両親のネイティブ言語が異なる場合
  • 海外赴任や永住などで日本以外で生活し、社会で使われている言葉と家庭内で使われている言葉が違う場合

を指し、高度な母語レベルでの2言語習得を目指す教育です。

バイリンガルに育てることは非常に難しいとされています。

子供には、両親それぞれの母語で話す「一人一言語」の決まりをきっちり守る。

家の外では、どう対応するかなど、社会的な言葉の強さ・弱さなどをしっかり考え、対応する必要もあります。

一定の環境が整うとバイリンガルになれる可能性がありますが、それでも現実的にはかなり難しいのが現状です。

現役英語講師はむ先生

弱い言語の方が無くなることがほとんどです。

相当な親と本人の努力が必要なのです。難しいんですよ。

おうち英語で目指す!高度な外国語としての英語習得

0歳児から英語教育を始めても、英語ネイティブにはなれないのは事実であり、変えることはできません。

しかし、子供から始めるおうち英語の取り組みで、大人には敵わないスピードとレベルで英語を身に付けられることは確かです。

バイリンガルを目指さないことが、セミリンガルを生み出さずおうち英語を進めるコツだと思います。

\早期英語教育の良さ/

言語形成期を逃さないことで
子供は自然に英語を身に付けられる

親がおうち英語を通して用意してあげられることは、外国語として高い英語力を身に付けるための足掛かりを作ってあげることです。

子供は環境さえ用意されれば、子供本人は遊んでいるつもりでも、自然に英語を身に付けていきます。

母語と英語が同レベルにならなくとも、子供の言語習得能力は驚くものがあり、5歳になる頃には親御さんの英語力を超すかもしれませんよ。

大学英語講師はむ先生

子供の成長を楽しみながら、おうち英語を進めていってくださいね!

タップできる目次