公文

公文の英語はいつから始める?大学講師が考える効果的な時期

公文は幼児期から小学生の習い事として、身近な存在ではないでしょうか。

この秋から、年中の息子も公文の国語に通い始めたのですが、実は同級生も多く利用していることが分かりました。

知名度の高さが伺える公文式ですが、公文から始める英語学習に関しては注意が必要だと感じています。

現役英語講師
はむ先生

はじめまして。大学で英語を教えている「はむ先生」と申します。

教歴は15年ほど。現在は非常勤講師として仕事をしつつ、息子の相手をする。そんな毎日を過ごしています。

個別相談も行っています。どうぞお気軽にご利用下さい!

公文は全ての教科、ドリル学習を基本としています。

毎日取り組む課題があるため、日々の学習習慣が身に付き、必然的に学習量が増えることから見える効果が期待できます。

しかし、公文の英語教材は「英語を話せるようになるため」に作られていないことを理解しておく必要があります。

英語を話せるようになって欲しいという目的で子供に英語を習わせる場合には、公文以外の方法が良さそうです。

この記事では、

  • 公文英語を効果的に利用できる時期

について書いていきたいと思います。

参考にしていただければ幸いです!

公文英語で期待できる効果|いつからがベスト?

公文英語を利用する時期としていつが適切かを判断するには、公文の教材で何が学べるのかを把握する必要があります。

また同時に、子供が英語を学ぶ目的を明確にしておくことも、公文英語を利用すべきかどうかの重要な判断材料になります。

現役英語講師
はむ先生

子供にどんな英語の力を付けて欲しいですか?

公文の英語では話せるようにはならない

公文のHPにも記載されていますが、公文の英語教材は話せるようになるために作られたものではありません

従って、

  • 英語を話せるようになりたい
  • 英語を話せるようになってもらいたい

のであれば、公文英語を利用することは目的にあっていないと言えます。

公文の英語教材は読解と文法理解を目的とした教材です。

英語を話せるようになるためには、たくさん聞く必要があります。

公文英語でも、英語を聞くことをしますので、英語を話せるようになることに全く貢献しない訳ではありません。

しかし、英語をうまく話せるようになるには、話すための練習が必要です。

公文英語教材の目的から考えるベストな時期

読解と文法理解を目的とする公文教材は、小学校高学年から中学生に利用するのがベストと言えそうです。

現役英語講師
はむ先生

これは人が言葉を習得する適齢期から導き出された答えです。

専門家は、人間の言葉を身に付ける能力の高い時期を「言語形成期」と呼んでおり、0歳から15歳がその年齢にあたります。

言語形成期前半(0歳から8歳)は音声情報に強く、言葉を耳から聞いているだけで自然に言語習得ができる時期として知られています。

言語形成期後半(8歳から15歳)になると、逆に音声情報に弱くなり、文字情報に強くなります。

小学校高学年から中学生にかけて、理論的で高度な思考ができるようになる時期と言われています。

読解と英文法の理解を目的に作られた公文にぴったりの時期と言えそうです。

現役英語講師
はむ先生

タッチペンをつかって学習を進めることはできますが、幼児期から小学生低学年には不向きです。

公文英語の前に始めたい英会話教室|いつからが効果的?

私の感覚的に、公文の入塾を検討される年齢の子供さんは幼児から小学校低学年が多いように思います。

息子も公文を利用していて感じますが、他教科の公文を習っている場合、同じ場所で英語を学ばせてもらえるのは大変便利だと感じます。

現役英語講師
はむ先生

週2回通うだけでも結構大変ですよね。

しかし、

  • 英語を身に付ける(特に話せるようになる)ことが目的
  • 音声情報からの学習に強い幼児期~小学校低学年の子供さん

の場合には、残念ながら、公文の教材で学ぶことは「もったいない」と思います。

幼児から小学校低学年の子供さんにおすすめしたいのは、英会話スクールから始める英語学習です

子供が英語を話せるようになる仕組み

先に述べたように、幼児期から小学校低学年の子供は耳からの音声情報に強く、自然な言語習得が基本だと言われています。

つまり、大人のように英語を知識として「英語を学ぶ」ことが必要になるのは、小学校高学年頃からだということです。

それまでは、赤ちゃんが保護者の話す言葉を自然に身に付けてきたように、耳から聞くこと英語を身に付けることができます

現役英語講師
はむ先生

年齢が低い方が英語を話すのが得意です!

親が整えたい環境としては

  • 英語を聞く
  • 英語を話す

ことができる場を用意することです。

英語を聞いて話す環境づくりには英語教室が欠かせない

日本に住みながら英語を聞いて話せる環境を用意しようと思うと、英会話教室の利用が欠かせません

私が考える、効果的な英語教室の条件は

  1. マンツーマンレッスン
  2. 週2回以上
  3. 外国人講師(ノンネイティブ可)
  4. 質の良いカリキュラム
  5. 子供が楽しめるレッスン

が満たされているスクールです。

予算も含め、それを叶えてくれるのはオンライン英会話スクールだと思います。

オンラインというとあまり馴染みにがないかもしれませんが、コロナの流行を機に、非常に充実した内容の英会話レッスンが低価格で受けられるようになりました。

現役英語講師
はむ先生

通学タイプのマンツーマンでも予算が許せば良いのですが、高額なのが難点です。通学タイプならGabaキッズをおすすめします。

息子には4歳からオンライン英会話を利用しました。

初めての英会話スクールに選んだのは、子供専用オンライン英会話Novakid(ノバキッド)です。

非常にレッスンの質が高く、週2回のレッスンを1年間続けた結果、英語が話せ読めるようになりました。

ノバキッドは教材に工夫が凝らされており、楽しい時間が過ごせるのもレッスン効果が高い秘訣だと感じます。

年齢が幼い子供のオンラインレッスンは難しいところもあるのですが、良い教え上手な先生の努力あってこその成果です。

子供の初めての英会話スクールをお探しの方に、ノバキッドはぴったりです!

\novakid/
実力派オンライン英会話スクール

公式HPを見る

無料体験レッスン申し込みできます
45日間返金可能!

【お友達紹介コード】無料体験レッスンで使える!

→ PROMO329625

「お友達紹介コード」を入力して無料体験レッスンを受けると、初回レッスン購入が【1500円割引】になるポイントがもらえます。

英会話教室と同時に進めたい自宅での英語インプット

オンライン英会話では、基本的に教材費がかからないだけでなく、自宅で取り組める英語教材を無料で提供しているスクールが数多くあります。

言語形成期が0歳から15歳という期間からも分かるように、高度な言語力を身に付けるには時間がかかります。

外国語である英語学習も、習得に10~15年はかかる長期戦になります。

息子もノバキッドを利用して英語を自分の言葉として使えるようになりましたが、まだまだこれからです。

公文で毎日課題により組むように、無料教材をうまく利用しながら、日常的に英語をたくさん聞く必要があります。

現役英語講師
はむ先生

毎日30分~1時間が目安です!

人がどのように外国語を身に付けていくのかを研究している第二言語習得の分野では、英語をたくさん聞くことを「インプットを増やす」と表現しています。

インプット(input)というのは、入力という意味です。

頭の中に英語という音声情報を入れていくイメージをしてもらえれば良いと思います。

英語を話すために必要なコップがあり、いっぱいになるまで貯めると、自然に言葉を話すようになります。

この点は母語習得も同じです。

英語習得に必要なインプット時間は2500~4000時間ともいわれ、長い時間がかかります。

10年間の学校教育で受ける英語授業の合計時間が約1200時間ですから、同程度の取り組みが学外で必要となる計算です。

現役英語講師
はむ先生

毎日コツコツ続けることが何より大切です!

公文英語の適齢期の場合|英会話スクールはどうする?

子供の年齢が既に小学校高学年以上の場合はどうしたら良いのかについて考えていきたいと思います。

結論からいうと、公文英語は小学校高学年の子供さんに合っていると思います。

小学校高学年からは、英語を自然に身に付けるというよりは、英語を学ぶ時期に入ります。

学校の授業対策をしたいなら公文英語で十分でしょう。

しかし、話せるようになりたいと思うなら、公文英語と相性のよい英会話スクールとの併用がおすすめです。

現役英語講師
はむ先生

詳しく見ていきたいと思います!

学校の授業対策をしたいなら公文英語

2020年度より小学3年生から英語の授業が始まりました。

小学5年生からは成績が付くようになり、学校によっては試験も導入されています。

文法用語などを使うことは無いようですが、中学生で学んだ内容が一部前倒しされている面があり、英語を全く学んだことがない子供にとっては難しいようです。

この様な場合、文法・読解に強い公文の英語教材を使って、自分のペースで学習経験を積み上げていくことは子供本人の自信にもなると感じます。

現役英語講師
はむ先生

試験対策には公文で問題ないですね!

また小学校・中学校で英語力の基準としてもちいられる英検の対策としても強いのが公文を利用するメリットです。

Twitterにもこのような書き込みがありました。

語彙力や読解力、文法理解などは、個人で能力を高めていくしかありません。

毎日段階的に取り組め、着実に実力を高めていくことができるという意味でも、公文教材は向いていると言えそうです。

話せるようになりたいなら英会話スクールとの併用がおすすめ

小学校高学年の子供さんが得意とすることと、公文の英語教材は相性が良いと思います。

しかし、英語を話せるようになるための教材ではないので、その点は自覚をもって選択する必要があります。

幼児期~小学校低学年の子供に比べ、英語を話すということにおける能力の伸びはゆっくりではありますが、高学年になっても練習をすれば英語を話す能力は伸びます。

英語を話せるようになりたいと思うなら英会話スクールの利用がおすすめです。