エッセイ

オンライン英会話と英会話教室|併用を考えたときに知りたい話

オンライン英会話と英会話教室は、本来「英語を話せるようになる」という同じ目的のために利用されているスクールです。

達成したい目的が同じ英会話スクールをあえて併用する意味はどこにあるのでしょうか。

現役英語講師
はむ先生

はじめまして。大学で英語を教えている「はむ先生」と申します。

教歴は15年ほど。現在は非常勤講師として仕事をしつつ、5歳の息子の相手をする。そんな毎日を過ごしています。

個別相談も行っています。どうぞお気軽にご利用下さい!

オンライン英会話と英会話教室の併用を考えるに至ったのには、それなりの理由があるはずです。

この記事では、

  • オンライン英会話・英会話教室の特徴を明確にして
  • 2つを併用するメリットについて検討したい

と思います。

参考にしていただければ幸いです!

オンライン英会話と英会話教室の併用を考えたきっかけは?

オンライン英会話も英会話教室も、英語で会話ができるようになるためのレッスン」を提供しているという点で一致しています。

例えば、公文と英会話教室の併用であれば、公文は話せるようになる為の教材ではないので英会話教室と併用する価値は見出しやすいと感じます。

オンラン英会話と英会話教室という同質のスクールを併用することのメリットを具体的に考えていきたいと思います。

現役英語講師
はむ先生

置かれている状況がそれぞれ違うと思うので、自分に引き寄せて考えてみて下さいね!

利用しているスクールに不足している要素を考える

オンライン英会話と英会話教室をなぜ併用しようと考えたのか、併用を考え始めたきっかけを振り返ってみて欲しいと思います。

恐らく、ざっくりと

  • 期待通りのレッスンの成果が出ていない

と、この様な理由ではないでしょうか。

現在利用しているオンライン英会話、または英会話教室に不満があれば、併用しようと考えるよりも、スクールを変更しようと行動するでしょう。

スクールの併用を考えるということは、英語に触れる機会を増やすことで「更なる成果が期待できる」と考えられているのではないかと思います。

現役英語講師
はむ先生

大体、そのような感じでしょうか?

オンライン英会話と英会話教室の併用のメリットは?

オンライン英会話と英会話教室は、どちらも英語で会話ができるようになることを目指しているレッスンですが、それぞれ得意とすることが異なります。

個別のスクールごとに特徴があるので一概にいうことは難しいのですが、オンライン英会話と英語教室の概要をまとめてメリットを分析していきたいと思います。

現役英語講師
はむ先生

利用しているスクールにあてはめて考えてみて下さいね!

オンライン英会話の良さはレッスン効果の高さ!

オンライン英会話の良さは、マンツーマンによるレッスン効果の高さです。

1対1だから効果がで易いというよりも、

  • 子供が英語を話すには「英語を話す理由」が必要

という点で、「話せるようになる壁」を乗り越えるのに、マンツーマンレッスンが適していると思います。

現役英語講師
はむ先生

英語学習において子供と大人の違うところです。

子供は大人のように目的をもって英語を学んでいるわけではありません。

子供が英語を話すようになる理由は、もっと生活に根付いています。

先生には日本語が通じないという体験や、自分しか答える人がいないという1対1の環境は、子供が英語を話さざるを得ない状況を生み出します。

言葉を話すというのは、高度な営みです。

大人は忘れてしまっていますが、新しい言葉を聞いて理解し、話すというのは、本当に疲れる作業なのです。

「英語を話す壁」を乗り越えるには、多少の逃げ場のない環境が必要ということだと思います。

現役英語講師
はむ先生

プレッシャーがありすぎるのも問題なので、子供の様子を見て臨機応変に。

マンツーマン環境の中で子供の進度に合わせたレッスンを受けることは、グループレッスンには見られない効果が生まれると言えるでしょう。

英会話教室の良さはお友達からの刺激!

英語教室の良さは、お友達からの刺激です。

良くも悪くも、子供にとって同年代のお友達から受ける影響は大きいです。

お友達が楽しそうに取り組んでいたら、僕も、私もやってみようかなと感じるものです。

現役英語講師
はむ先生

お友達を真似してみるというのも1つの学びですね!

グループレッスンが中心の英語教室で、どれだけ子供に発語させられるかは担当する先生の力量によるところが大きいと思います。

英語教室で担当の先生を選ぶことは難しいと思いますが、入会の際にレッスンの様子などを見学し確認できると良いですね。

一般的に、ゲームなどの活動を行う際に生まれる「英語での対話」は、子供に自然な言葉の理解を促すのに役立ちます。

英語教室のレッスンは人数も多く、英語を話す壁を乗り越えることは難しさもありますが、子供が英語って楽しい」と感じやすい環境が整っていると言えそうです。

オンライン英会話と英会話教室の併用すべき?

低価格でレッスン頻度を上げるなら併用もあり

一般的な通学タイプの英語教室は、週1回のレッスンが基本です。

週1回のグループレッスンでやれることは限られていますので、目に見えるレッスン成果が感じられないことも多いのではないかと思います。

現役英語講師
はむ先生

英語教室の難しさはそこですね。

レッスン頻度を上げようと思ったら、低価格のオンライン英会話を併用することは得策だと思います。

ざっくりと「英語を身に付けるため」にオンライン英会話・英語教室を利用している方が多いと思うのですが、利用目的を捉え直してみることをお勧めします!

  • オンライン英会話(週2-3回)▷ 英語を話す練習をする場所
  • 英語教室(週1回)▷ 練習した英語を実際に使ってみる場所

英会話教室の集団の子供を相手にするレッスンは、個々に英語を話す練習をさせるのは難しいのが実情だと感じます。

英語を話す練習には、やはりオンライン英会話が良いかなと思います。

実際に対話することも子供にとって有益な時間ですので、英語教室は英語を使う体験をする場所と捉えると有効活用できるのではないでしょうか。

現役英語講師
はむ先生

子供自身にも分かるように説明するといいですよ。

▽おすすめのオンライン英会話はこちら▽

子供オンライン英会話|本当に英語が話せるようになる? 子供のオンライン英会話、本当に英語が話せるようになるのだろうかと思いませんか。 スクリーン越しに30分程度。 多くても1週...

レッスン外での英語の取り組みを振り返る

オンライン英会話と英会話教室の併用で英語に触れる時間が増えれば、必然的に英語力が高まる可能性が増えます。

しかし、子供に英語を「自分の言葉として身に付けて欲しい」と考えている場合には、レッスン外での取り組みも再度見直して欲しいと思います。

現役英語講師
はむ先生

レッスンだけではやはり限界があります。

大切なことは、子供がどっぷりハマれる何かと英語を結び付けてあげることです。

「ハマれる何か」の内容は子供の興味次第です。

オンライン英会話には無料で取り組める教材も豊富にありますので、それが好きになるかもしれません。

止めなければずっとやり続けてしまう「子供の興味の対象」を見つけることが、英語を身に付ける近道です。

子供の興味は親が決められるものではないので、難しいですよね。

ただ、一旦見つけてしまえば、子供が好きで勝手に取り組む訳ですから楽なものです。

逆に言えば、本人の意志がない取り組み方では、英語を自分の言葉として身に付けることはなかなか厳しいと言えるでしょう。

5歳息子の場合|イベント時期だけ英会話教室に参加!

  • オンライン英会話(週2-3回)▷ 英語を話す練習をする場所
  • 英語教室(イベント時期だけ)▷ 英語を実際に使ってみる場所

もうすぐ5歳になる息子は、オンライン英会話を利用して英語力を高めています

私は「オンライン英会話は話せるようになるよ!」と公言しているのも、たった1年足らずでメキメキと実力をつけ、英語を自分の言葉として身に付けている息子を実際に見ているからです。

【2022年】はむ先生のおすすめ英会話スクールを紹介します! 既に多くの記事で紹介していますが、2022年度、私の一押し英会話スクールはオンライン英会話Novakid(ノバキッド)です。 息...

この記事を書こうと思った当初、我が家ではオンライン英会話と英会話教室の併用はしていないと思っていました。

英会話教室に月謝を支払い、毎週通っている訳ではなかったからです。

ただ、季節のイベントごとに英会話教室のレッスンに顔を出していることを考えると、これは併用していると言うのではと考え直しました。

息子はフィリピン出身の先生が開いている英会話教室に参加することが多いです。

やはり実際の教室で英語で対話できる体験は、子供に「楽しかった」という気持ちが残るので、参加の価値があると感じています。