オンライン英会話

子供オンライン英会話|フィリピン人講師のレッスンはどう?

子供のオンライン英会話スクール選びをしていると、ネイティブ講師とノンネイティブ講師のレッスン料の価格差に驚かされることと思います。

ここでいうノンネイティブ講師とは日本人ではなく、フィリピン人講師のこと。

オンライン英会話スクールを利用者は、日本だけではなく、世界中にいます。

そのような状況下で、フィリピン人講師はとても重宝されているのです!

現役英語講師
はむ先生

はじめまして。大学で英語を教えている「はむ先生」と申します。

教歴は15年ほど。現在は仕事をしつつ、4歳の息子の相手をする、そんな毎日を過ごしています。

ママの視点だけでなく、プロの視点から、お子さんの英語教育に役立つ記事を書いていきたいと思います。

個別相談も行っています。どうぞお気軽にご利用下さい!

この記事では、

  • フィリピン人の英語力ってどうなの?
  • なんでこんなに授業料が安いの?
  • 子供にフィリピン人講師のレッスンを選んでも大丈夫?

そんな疑問にお答えしていきたいと思います。参考にしていただければ幸いです!

子供オンライン英会話で大活躍|フィリピン人講師の英語力はどう?

日本にはたくさんのフィリピン国籍をもつ外国人が住んでいます。直接話をしたり、関わりをもったりした経験は無い方もいるかと思いますが、見かけたことはあるのではないでしょうか。

息子の幼稚園にもフィリピン人のお母さんが何人かいます。皆さんそろって、英語が身に付いています。英語が苦手だといっていても、日常会話に支障がないくらいには使いこなせているのです。職業柄、フィリピンの英語事情が気になり、色々質問してみました。

この章では、フィリピン出身のママ友に聞いた話に合わせて、フィリピンの英語教育について調べた結果について書いていきたいと思います!

フィリピン人講師の英語力は高い|その理由は?

フィリピンでは英語が公用語

フィリピン人は相対的に高い英語力をもっています。それは、フィリピンではフィリピノ語と英語の2言語を公用語としており、英語教育に力を入れているからです

フィリピンは約7100個もの島が集まっている国です。そこで使われている現地語は約80語も存在するようです。そこで共通して使われている言葉が英語です。国の行政機関で使われている言葉も英語が使われています。

またフィリピンは、国民が国外で働くことを推奨しており、国民総生産の1割以上が海外からの送金です。移住先としては、アメリカ、カナダ、イギリスなどの英語圏が人気のようです。

フィリピンは、英語を学ぶ環境が整っているだけではなく、生活のために英語を学ぶ人が多いことから、必然的に国民全体の英語力が高まると言えるでしょう

フィリピンでは全ての幼稚園から英語教育が始まる

フィリピンの公教育においては、小学校1年生から英語教育が始まります。毎日少なくとも1時間は英語の時間があります。

現役英語講師
はむ先生

小学校1年生からの英語教育開始を受けて、幼稚園では毎日英語の授業(遊び)があると、フィリピン人のママ友は話してくれました。

小学校3年生から、授業が全て公用語であるフィリピノ語と英語のみになり、現地語は使われなくなります。

小学校1年生の年度末には、日本人の中高生以上の英語力を持っていると言われています。3年生から全ての授業が英語で行われても、特に問題は無さそうですね。

つまり、総じて、フィリピン人の英語力は高いのです。

子供オンライン英会話|フィリピン人講師のメリット・デメリットは?

フィリピン人全体の英語力が高いことは理解できたかと思います。

そこで、フィリピン人講師のオンライン英会話レッスンを受けるメリットデメリットについて考えていきたいと思います。

現役英語講師
はむ先生

私の個人的な意見ですが、フィリピン人の中でも英語がとても得意な人オンライン英会話の先生になっていないと思います。

フィリピン人が英語を勉強する目的の1つは、国外で働くことだからです。人間、得意不得意がありますから、特に英語が得意な人は英語圏へ出稼ぎに出ていると思うのです。

そのことを前提に、フィリピン人講師のメリットとデメリットを考えていきたいともいます。

メリット|フィリピン人講師のレッスンは料金が安い

オンライン英会話スクールにおける、ネイティブ講師とノンネイティブ講師の料金を比較すると、その差は明らかです。

そもそもネイティブ講師のレッスンを受けられるオンライン英会話スクールは少ないのですが、ノンネイティブ講師の英会話レッスンネイティブ講師のレッスンの半額くらいで受けられます

子供の習い事にはお金がかかりますから、これは嬉しいメリットと言えるのではないでしょうか。

デメリット|英語力の高いフィリピン人でも発音は気になる

息子の英会話レッスンを通して、何度かフィリピン人講師のレッスンを受けたことがありますが、やはり発音フィリピノ語の影響が見られます。

日本語を母語とする人が話す英語には、日本人特有の発音のくせが見られます。同じことがフィリピン人講師にも言えると思います。

しかし、ネイティブの発音が良く、ノンネイティブの発音が悪いという訳ではありません。日本では、発音がうまい=英語がうまいと受け取られる傾向がありますが、世界の認識では通じれば良いと受け取られます。

幼い頃から英語を勉強するのも、英語を身に付けるためであって英語ネイティブになるためではありません。

人間の脳は不思議で、ネイティブの音源があればそちらを優先して記憶することが分かっています。例えば、ノンネイティブ講師が間違えて話している文法も、正しい文法構造をネイティブ音声から聞いていれば、そちらを優先して習得するのです。

自宅で英語教材などを利用して、英語ネイティブの音源を聞く環境を作ることができれば、フィリピン人講師でも問題なく英会話レッスンを受けることができるでしょう

子供オンライン英会話|フィリピン人講師のレッスンを選ぶ基準は?

オンライン英会話スクールはその質がさまざまです。レッスン料の安さだけで選ぶと、1年続けても語彙が増えただけということになり兼ねません。

安かったけれど英語が身に付かなかったというよりは、少し割高でも(といっても、通うタイプの英会話スクールよりは安い)1年後には英語が話せるようになったと思える選択をして欲しいと思います。

人より何か少し得意なものがあることは、子供の自信になります。英語は日本社会でも将来求められる能力の1つですので、後悔のない英会話スクール選びをしていきましょう。

ポイント1|英会話レッスンでは長期的なカリキュラムが組まれていることが大切

単語を覚えるだけのレッスンはNG

オンライン英会話で、よくあるレッスン内容に「今日は数字を覚えましょう」「動物を覚えましょう」というものがあります。

一見、英語のレッスンとして悪くないように思えますが、この程度であれば英会話レッスンを受ける必要はありません。タッチペン付きの絵本で単語は覚えられます。

長期的なカリキュラムに基づくレッスンというのは、学習内容とそれを学ぶ順番がきちんと決められているということです

言い換えると、「好きな時に、好きな内容のレッスンが受けられる」ことを売りにしているレッスンはお勧めしません。

毎回のレッスンで取り組んできた蓄積があるからこそ、できるようになること、取り組めることが語学には必ずあるからです。

日本語で考えてみると分かりやすいと思います。

動物の名前を覚えるレッスン。色の名前を覚えるレッスン。自己紹介をしてみるレッスン。単発でできるレッスンはこのような内容でしょうか。しかし、いくら動物の名前を覚えても、「これはキリンです。キリンは早く走れます。」というような文章は、いつまで経っても言えるようにはなりません。

単語と文章(文法)をうまく組み合わせて、楽しく無理なく練習させ、子供に英語を習得させていくのが英会話のレッスンです

ポイント2|英語教員資格をもつフィリピン人講師を採用しているスクールを選ぶ

英語教員資格をもった先生を選ぼう

英語教員免許を取得していることは、英語力が高いという証明だけではありません。英語をどう教えるのか、人は英語をどのように身に付けていくのかということを専門的に学んでいるということです。

英語を話せるだけでは、うまく英語を教えることはできません。これはネイティブ講師でも同じです

日本語のネイティブだから日本語を教えてと頼まれても、何をどのように教えて良いものか分からないのと同じです。

世界的に知られている英語の教員免許には、TESOL・TEFL・TESL・CELTAなどがあります。これらの英語教員免許を持っている講師を選ぶこと、そういう講師を採用しているスクールをおすすめします

ポイント3|相性のよい講師が選べるスクールがおすすめ

話したいと思える英語の先生を探す

言葉を話すという行為の原動力(willingness to communicate)になるのは、1)特定の相手と話したいという気持ちと2)その場で話ができると感じる自信だということが調査から明らかになっています。

英語を身に付けるのには長い時間がかかります。英語力が不足している中で、言葉を話すという行為を促すには、話したいと思える相性のよい先生の存在が重要です。

オンライン英会話スクールでは、講師が選べるシステムを採用していることが多くあります。これは、通学タイプの英会話スクールにはないメリットです。

また、教え方というのも先生によってまちまちです。同じ教材を使っていても、先生の子供に対する声掛けなどで、全く違うレッスンのようになります。

オンライン英会話スクールでは、毎回先生を変えることも簡単にできます(もちろん、毎回同じ先生に教えてもらうことも可能です)。

教え上手で子供と相性のよい先生を見つけることは、子供の英語力上達を促す重要なポイントになります!

子供オンライン英会話|質の高いフィリピン人講師が教えるスクールはどこ?

  • 英語が身に付く長期的なカリキュラム(それに基づく質の高い教材)
  • 英語教員資格を保持した講師を採用
  • 相性の良い先生が選べるシステム

この3点を兼ね備えているスクールは、現在のところ、Novakid(ノバキッド)のみです。

効果抜群|子供専用オンライン英会話スクールNovakid(ノバキッド)

Novakid(ノバキッド)4歳から12歳の子供を専門に教えているオンライン英会話スクールです。ヨーロッパ地域ではシェアNo.1を獲得していることから、世界中で子供たちが学んでいます。

ネイティブ講師も選ぶことができますが、ノンネイティブ講師も選択可能で、レッスン料は半額近くになります。カリキュラムと教材がとても良く、おすすめのスクールです。

お試しレッスンはどちらの先生も選ぶことができますが、レッスン継続を検討している場合は、希望の先生(ネイティブ講師またはノンネイティブ講師)の方で受講した方が良いかもしれません。

もちろん途中で、ネイティブ講師→ノンネイティブ講師に変更したり、ノンネイティブ講師→ネイティブ講師に変更したりすることも可能です。

週2回のレッスンのうち、1回ネイティブ講師、1回ノンネイティブ講師という風に合わせることもできます。予算に合わせて1か月単位で変更できる点も嬉しいですね。

\無料体験レッスン実施中/

ノバキッドの公式HPはこちら→

お友達コード

無料体験申し込み時に「お友達コード」を入力すると、初回レッスン購入が1500円割引になるようです。よろしければお使いください。

→ PROMO329625

こちらの記事に、ノバキッド(Novakid)の「フィリピン人講師を中心にノンネイティブ講師が教えている」スタンダードコースについてまとめています↓

ノバキッド(Novakid)スタンダードコースを活用する方法! Novakid(ノバキッド)は、子供が楽しく本当に英語が身に付くオンライン英会話スクールです!! 我が家では、4歳の息子がノバキ...