おうち英語のやり方

おうち英語のやり方|小学生からどう始める?

2020年から正式に小学校3年生から英語授業が開始されるようになりました。

アルク社の調査(2020)では、小学生の全ての学年において、約7割の保護者が学校外での英語学習に取り組ませたいと考えているという結果が出ています。

おうち英語という言葉をご存じの皆さんは、自宅での英語の取り組みの重要性を理解されているのではないでしょうか。

現役英語講師
はむ先生

はじめまして。大学で英語を教えている「はむ先生」と申します。

教歴は15年ほど。現在は仕事をしつつ、4歳の息子の相手をする、そんな毎日を過ごしています。

また、個別相談も行っています。どうぞお気軽にご利用下さい!

英会話スクールに何年も通わせているのに、全然英語を話せるようにならないというのは、よく耳にする話しかと思います。

残念なことではありますが、それは真実です。英語が身に付くかどうかは、自宅でどの程度英語に取り組むかによって決まります。

週1回の英会話スクールだけ、学校の授業だけに任せていては、英語は身に付きません。

一方、自宅の取り組みだけで、学童期の英語学習を進めていくことは、親御さんの負担が大きいように感じます。

私は、おうち英語と英会話スクールをうまく併用して進めることをおすすめしています。

大変な部分はプロに頼ることで、親も子も、より効率よく、楽しく英語が身に付きます!

この記事では、小学1・2年生から始める

  • おうち英語が必要な訳
  • おうち英語の進め方英会話スクール併用
  • おうち英語のおすすめ教材

について、書いていきたいと思います!

現役英語講師
はむ先生

子供は8歳頃を境に、英語の学び方が変わります。

高学年のお子さんは、こちらの記事へ。

小学生におうち英語は必要?

皆さんが、自宅で行う「おうち英語」を始めようと考えられた理由は何でしょうか?

  • そろそろ小学生になったし
  • 学校の授業で困らないように
  • 将来英語を身に付けて欲しいから

など、色々な想いがあると思います。

いずれの理由にしても、将来的にある程度の英語力を身に付けようと思ったら、「おうち英語」は必須です。

親ができることは、自宅で英語を教えることではありません。

英語を生活の一部にできるような仕組みを考え、自宅環境を整えることです。

現役英語講師
はむ先生

おうち英語の目的とは:
自宅で子供が楽しく英語に触れる時間を確保することです

おうち英語は必須|英語習得には時間がかかる

小学生から英語教育が始まり、子供達は「早期英語教育」を受けることになります。

現役英語講師
はむ先生

早期英語教育とは:
中学生以前に始める英語教育のことです

英語教育の開始が低年齢化された理由は、英語学習時間の確保のためです。

日本語を母語とする人が英語を身に付けるのに必要な時間は、約2500~4000時間と言われています。

約3000時間と考えた場合、1日1時間365日取り組んで、8年くらいかかります。

現役英語講師
はむ先生

言葉の習得には長い時間がかかり、高度な英語力を目指す場合は、そこから更に学び続ける必要があります。

小学生から始めても英語授業時間は足りない

中学校3年間の英語授業時間を見てみると、実は国語の授業時間数以上に、英語の学習時間が確保されていることが分かります。

しかし、それでも英語習得に必要な約3000時間には、遠く及びません。

小学校3年生から高校3年生
英語授業総時間数

\残念ながら全く足りない/
約1200時間

多くの日本人が英語を勉強したにも関わらず、英語ができないと感じる理由は

  • 学習時間が圧倒的に足りていない
  • 英語学習開始年齢が遅すぎた

という、この2点です。

どんなに言語センスの高い人でも、どんなに素晴らしい授業を受けても、英語授業時間だけで英語を身に付けるのは不可能です。

小学生から英語授業が始まった今でも、その点は変わりません。

現役英語講師
はむ先生

年齢が上がるほど忙しくなるので、今から始めるのが正解です!

おうち英語のやり方|小学生の子供にはどうする?

そもそも時間のかかる英語習得ですが、年齢に合わせた正しいやり方で英語に触れていなければ、更に時間がかかります。

現役英語講師
はむ先生

例えば、幼児期にはBGMのように英語をかけ流すだけで学習効果が見られますが、小学生には意味がありません。

小学1・2年生に特化した、おうち英語の3ステップをご紹介します!

  1. 英語を聞く
  2. 英語を読む
  3. 英語を使う

注)2番と3番は、英会話スクールと学校の授業を併用する方法です。

1|英語を聞くことから始める

英語を身に付けるには、大量に英語を聞くことが必要ということが、多くの調査から分かっています。

聴覚に障害のある赤ちゃんは、言葉を話し始めることがありません。

人が言葉を習得するには、何よりも先に、習得したい言葉をたくさん聞く必要があります。

知っておきたい英語学習の常識

英語をたくさん聞くことなしに、英語を身に付けることはできない

小学生になると、そもそも家にいる時間が短くなります。

また、既に使い慣れた言葉(日本語)があることから、嫌がる場合も考えられます。

子供の興味のある内容と英語をつなげ、「嫌がらずに」英語に触れられるものが何かを考えることが、親の役割です。

必ずしも「聞かせる英語」は英語教材である必要はありません。

質が良いものが望ましいことはもちろんですが、遊びながら取り組めるもので構わないのです。

例えば、子供が喜んで見るものにアニメがあります。

自宅での英語の取り組みに、英語音声のアニメを活用するのも1つの手です。

例えば:

英語アニメを見ていたら、犬のキャラクターが「Danny Dog」って言われてるぞ。この子の名前かな?うさぎのキャラクターが「rebecca rabbit」って言われてる。あ、「Rebecca rabbit」のお母さんが登場。「Mummy rabbit」らしい。「Rabbit」がうさぎかな。

大人は頭で考えますが、これを無意識に行い英語を身に付けられるのが、小学生(特に低学年)の子供達です。

楽しみながらアニメを見るだけで、十分に英語学習なのです。

2|英語を読ませる(英会話スクールを利用)

小学生に上がると、日本語で文字を学びます。

年齢的な成長からも、耳からだけの音声情報ではなく、目からの文字情報に強くなる時期です。

小学生のおうち英語には、読解を取り入れることで、より効率よく英語習得が進みます。

知っておきたい英語学習の常識

小学生からは音声と文字とを同時に入れていく

とはいえ、よほど英語が好きな親御さんでない限り、子供に英語の読み方を教えるのは難しいと思います。

私は、プロを頼る(英会話スクールを利用する)ことをおすすめします。

英語の読み方を教えることは、日本語のように文字と音声が一致していないことから、日本語以上に専門的な知識が必要だからです。

はむ先生

息子はむ

親御二人三脚で、コツコツ取り組んでいく方法はあります。「絵本・多読」のキーワードで調べてみてください!

息子4歳の読解力を上げた方法

私は、ノバキッド(Novakid)というオンライン英会話スクールを利用することで、息子の読解力の向上を目指しました。

ノバキッドは、4~12歳向け、子供専用の英会話スクールです。

複数言語を話すことを当然とするヨーロッパ地域で、オンライン英会話シェアNo.1を獲得しており、カリキュラム・教材・教師の質が非常に高いのが特徴です。

世界的に人気を誇っている理由が納得できるクオリティの高さです。

英会話スクールなので、話すことはもちろんですが、読解力向上にも力を入れています。

息子Hiro 英会話を始めた頃の様子は、こちら↓

1年後の様子は、こちら↓

この1年間の成果は、英語を教えるプロにお任せしたからこそ成しえたものだと思っています。

なかなか良いカリキュラムを提供する英会話スクールと出会えないのが現状です。

ノバキッド、おすすめします!

無料体験レッスンから
お得に始めよう!
\novakid/
キャンペーン情報

【お友達コード】無料体験レッスンで使える!

→ PROMO329625

「お友達コード」を入力すると、初回レッスン購入が【1500円割引】になるポイントがもらえます。

キャンペーンコード】新規レッスン購入時に使える!

→ EASYSTART

レッスン料が【10%オフ】になるコードです。

話せるようになる
子供専用の英会話スクール

Novakid公式HP

無料体験レッスン実施中
45日間返金可能!

3|英語を使う体験をする

自宅での英語の取り組みとして、英語アニメなどの動画を見ていたとしても、それだけでは子供は英語を話すようにはなりません。

英語が意味のある言葉として使われる場所が用意されることで、初めて自分の言葉として英語を使おうとしますし、結果として英語が身に付きます。

それが、英会話スクールを利用する必要性であり、メリットです。

小学生の場合は、英会話スクールの他に、学校での英語授業が英語を使う実体験として活用できます。

はむ先生

今は小学1年生から英語活動が取り入れられている学校がほとんどです。

回数が少なくても、ネイティブの先生と触れ合える機会あるのなら、自宅での取り組みが発揮できる場となります。

クラスで発言することはなくても、先生が話すことが分かるかもしれません。

お友達と一緒に、果物の名前が言えるかもしれません。

先生に指示された色で、色塗りができるかもしれません。

「英語が分かった」という小さな成功体験の積み重ねは、子供の自信につながります。

小学生|おうち英語のおすすめ教材は?

おうち英語の基本は、自宅で英語を聞かせる・読ませる環境を整えることです。

一部、英会話や読解をプロに任せたとしても、日常生活で英語に触れられる環境を作ることは大切です。

現役英語講師
はむ先生

私なら、ここから始めるという英語教材をご紹介します!

最初に試してみる教材として

  • 英語絵本
  • 英語アニメ

をオススメしたいと思います。

CD付き英語絵本:何歳でも望ましい

何歳のお子さんにも、絵本は質の良い英語教材となります。

読み方を教えてもらうことを英会話スクールに任せるとしても、子供の手の届くところに英語絵本を置いておくことは必要です。

最初はCD付きの簡単な赤ちゃん用の絵本を利用しましょう。

Baby English Laboの絵本は、赤ちゃん用として販売されていますが、小学生のおうち英語の取り組みにも利用できておすすめです。

CDがあれば同時にリスニングにもなりますし、子供一人で絵本を読むことができるメリットがあります。

現役英語講師
はむ先生

何度も聞いているうちに内容を覚え、ひとりで読めるようになっていく過程は、日本語も英語も同じです。

英語アニメDVD:子供がハマりやすい

我が家でも利用している、英語アニメDVD2本を紹介します。

英語アニメは、子供が興味を示しやすく、好きになり易いのがメリットです。

おうちで英語環境を整えるための手始めにぴったりです!

現役英語講師
はむ先生

グーミーズが歌中心、ペネロペがお話中心の構成です。

英語教材として、Goomies(グーミーズ)ペネロペが販売されています。

YouTube動画などでも、英語アニメ自体は見られます。

DVDのメリットは、英語教材として構成されているので、ストーリーの後に単語が編集されているなど、英語が身に付きやすいよう工夫されています。

ストーリーも分かりやすく、最初に挑戦する英語アニメとして最適です!

DVDお値打ち情報

Amazonなどで購入できますが、公式HPが一番お値打ちです!

定価3960円 → 3600円(税込・送料込み)

goomies公式HP

ペネロペ公式HP

現役英語講師
はむ先生

公式HPでは、サンプル動画も見られます!

小学生からのおうち英語は読解が肝!

英語の習得において、英語を耳にする時間を多く作ることは全ての基本です。

小学生という年齢を考えると、読解力をいかに身に付けていくかという点が、英語力を高められるかどうかの肝になっていきます。

現役英語講師
はむ先生

英語力は国語力を越えることは無いので、日本語の読解力も高めることを意識する必要があります。

私のおすすめは、

  1. 自宅で「英語を聞く」
  2. ノバキッドで「発話と読解力」
  3. 小学校の英語授業で「実体験」

することで、総合的な英語力の向上を目指すことができると考えています。

参考にしていただければ幸いです!