おうち英語のやり方

おうち英語のやり方|小学生からどう始める?

記事内に広告を含む場合があります

2020年から正式に小学校3年生から英語授業が開始されるようになりました。

アルク社の調査(2020)では、小学生の全ての学年において、約7割の保護者が学校外での英語学習に取り組ませたいと考えているという結果が出ています。

現役英語講師
はむ先生

はじめまして。
英語講師の「はむ先生」と申します。

教歴は15年ほど。現在は子育てをしながら、大学で非常勤講師として働いています。

また、個別相談も行っています。どうぞお気軽にご利用下さい!

おうち英語という言葉をご存じの皆さんは、自宅での英語の取り組みの重要性を理解されているのではないでしょうか。

残念なことではありますが、週1回の英会話スクール・学校の授業だけに任せていては、英語はなかなか身に付きません。

英語が身に付くかどうかは、自宅での英語の取り組み方(質・量)によって決まります

この記事では、小学校低学年から始める

  • おうち英語が必要な訳
  • おうち英語の進め方英会話スクール併用
  • おうち英語のおすすめ教材

について、書いていきたいと思います。

※ 高学年のお子さんをお持ちの方は、こちら

参考にしていただければ幸いです!

小学生からでもおうち英語は役立つ?

皆さんが、自宅で行う「おうち英語」を始めようと考えられた理由は何でしょうか?

将来的にある程度の英語力を身に付けようと思ったら、小学生から「おうち英語」を始めることは得策です。

  • そろそろ小学生になったし
  • 学校の授業で困らないように
  • 将来英語を身に付けて欲しいから

など、色々な想いがあると思います。

親ができることは、英語を生活の一部にできるような仕組みを考え、生活環境を整えることだと考えています。

しかし、自宅の取り組みだけで小学生の英語学習を進めていくことは、英語を教えるプロではない親御さんにとって負担が大きすぎます。

私は、おうち英語と英会話スクールをうまく併用して進めることをおすすめしたいと思っています。

現役英語講師
はむ先生

大変な部分はプロに頼ることで、親も子も、より効率よく、楽しく英語が身に付きます!

おうち英語は必須|英語習得には時間がかかる

小学生から始まる英語教育は「早期英語教育」と呼ばれています。

英語教育の開始年齢が早められた理由の1つは、英語学習時間の確保のためです。

現役英語講師
はむ先生

親世代は中学生が英語学習のスタートでしたね!

日本語を母語とする人が英語を身に付けるのに必要な時間は、約2500~4000時間と言われています。

約2000時間と少なめに考えた場合でも、1日1時間、休みなく取り組んで「5年半くらい」かかる計算です。

高度な英語力を目指す場合は、実際には1万から3万時間とも言われ、更に学び続ける必要があります。

小学生から英語を始めても学校の授業時間だけでは足りない

親世代の日本人に英語を苦手とする人が多い理由は、大きく分けて2つあります。

  1. 学習時間が圧倒的に足りていない
  2. 会話につながらない学習を続けている

というのが主な原因です。

そもそも日本語と英語は言葉の距離が最も遠く、つまり外国語として学びにくい言語なのです。

下の図で英語は左下、日本語は右上と、最も遠い距離にあるのが分かると思います。

※ 距離が近い程、言葉に似通った点が多く、短時間で身に付きやすい言語です。

日本語を母語とする場合、どんなに言語センスの高くても、素晴らしい授業を受けても、英語授業時間(約1200時間)だけで英語を身に付けるのは難しいことが分かっています。

小学生から英語授業が始まった今でも、その点は変わりません。

中学校3年間の英語授業時間を見てみると、1年間で140時間、3年間で420時間です。

日本の公教育では、国語の授業時間数以上に、英語の学習時間が多く確保されているのです。

それでも英語習得に必要な約3000時間には、遠く及ばないのが現状です。

おうち英語では、足りない学習時間を補う取り組みと言い換えることができます。

現役英語講師
はむ先生

年齢が上がるほど忙しくなるので、今から始めるのが正解です!

おうち英語のやり方|小学生からどう始める?

小学低学年に特化した、おうち英語の3ステップはこちらです。

  1. 英語を聞く
  2. 英語を読む
  3. 英語を使う

1番は自宅で、2番と3番はオンライン英会話スクールを利用する方法が、私が考える最も簡単な方法です。

以下のページではチャート式で、お子さんに合った取り組み方を探すことができますのでどうぞご利用ください。

▷ 【チャート式】7歳8歳9歳おうち英語の始め方、こちら

現役英語講師
はむ先生

私のおすすめのやり方をお伝えします!

1|英語を聞くことから始める

英語を身に付けるには大量に英語を聞くことが必要ということが、多くの調査から分かっています。

親世代で「英語を話す」ことに苦労した人が多いのは、英語学習を「文字や文法」から始めた為です。

文字を読むことや文法を理解することも大切ですが、言葉をたくさん聞いて分かるようになることは重要です。

現役英語講師
はむ先生

学び方によって、身に付く力は変わります。

小学生になると、そもそも家にいる時間が短くなります。

また、既に使い慣れた言葉(日本語)があることから、嫌がる場合も考えられます。

上手くいくポイントは、子供の興味と英語をつなげ、「嫌がらずに」英語に触れられるものが何かを考えることです。

必ずしも「聞かせる英語」は英語教材である必要はありません。

質が良いものが望ましいことはもちろんですが、遊びながら取り組めるもので構わないのです。

例えば、子供が喜んで見るものにアニメがあります。

イギリスのアニメPeppa pig(ペッパピッグ)は、英語も比較的簡単でおすすめです。

大人が見ていても楽しいストーリー展開で、教育番組として放送されているだけあって、英語も分かりやすく安心できる内容です。

YouTube動画で見られます。

英語を始めたばかりで難しすぎるのではと感じる方もいるかもしれませんが、8歳までの子供達は英語を耳から聞くことで自然に英語を身に付けられる能力を持っています。

分からないながらも、子供が楽しみながら見てくれるのであれば大丈夫です。

ペッパピッグのアニメは映像から意味をくみ取りやすく、楽しみながらアニメを見るだけで、十分に英語学習になります。

▽DVDの購入も可能です▽

嫌がられたら文字とセットで聞かせる!

子供のタイプによっては、「英語のアニメは何を言っているのか分からない」と嫌がる場合もあると思います。

ペッパピッグは英語圏の子供達も見ている英語アニメですので、ある意味、自然な英語で難易度が高いとも言えます。

そういうときは、ネイティブの音声が付いた英語絵本を活用することをお勧めします。

現役英語講師
はむ先生

本が好きなお子さんにもおすすめ!

何歳のお子さんにも質の良い英語教材になるのが絵本です。

日本語でも0歳からの読み聞かせが推奨されているように、言葉の発達を促すのに最適な方法なのです。

読み方を教えてもらうことを英会話スクールに任せるとしても(次におすすめ英会話を紹介します)、子供の手の届くところに英語絵本を置いておくことは必要です。

現役英語講師
はむ先生

こちらでは我が子も利用しているメルカリのショップを紹介させて頂きます。

ペッパピッグのアニメと相性が良さそうなら、ストーリーが文字になっている絵本を用意することで相乗効果が狙えます。

子供がひとりでで操作できるため音声ペン付きの絵本セットがおすすめですが、スマホで再生可能な音声が付属されてくるので絵本のみのセットでも良いと思います。

絵本を読む習慣が付けられそうなお子さん、絵本がもともと大好きなお子さんには、音声ペン付きのLiaoリスト130冊がおすすめです。

※ スマホでの音声再生で大丈夫という方は、こちらをご覧ください。

130冊というと驚かれるかたもいるかもしれませんが、大した量ではありません。

易しいレベルの絵本から徐々に難しいレベルのものへ自然に移行するようになっており、着実に実力をつけることができます。

現役英語講師
はむ先生

繰り返しているうちに内容を覚え、自分で読めるようになる過程は、日本語も英語も同じです。

ストーリーを楽しめる絵本でおすすめのシリーズが、Elephant and Piggie Bookです!

ゾウのelephantとブタのpiggyの掛け合いが面白く、最後に落ちが必ずあるストーリー展開も子供に大うけです。

スマホで再生可能な音源と動画付きのセットもメルカリなら購入可能です。

▽私が特に好きなお話はこちら▽

我が家では、結局25冊のセットを揃えることとなり、寝る前に楽しんでいます。

英語も易しいので、少し英語ができるようになれば自分で読める絵本としても重宝します。

子供に「今日はどれがいい?」と選んで、一緒に読むのもおすすめです!

現役英語講師
はむ先生

メルカリで販売しているものは動画も付いてくるのでお得です。

2|英語を読ませる(英会話スクールを利用)

赤ちゃんから幼児期には耳からの音声情報に強かった子供達ですが、小学生へと年齢が上がるにつれて目からの文字情報が優位になります

日本語で考えても、5-6歳になる頃に、徐々に文字を読んだり、書いたりできるようになりますね。

個人差はありますが、8歳前後で音声情報から文字情報優位に入れ替わることが分かっています。

このような人間の特性を活かし、英語学習にもうまく文字や読解を取り入れることで効率よく英語が身に付きます

とはいえ、よほど英語が好きな親御さんでない限り、子供に英語の読み方を教えるのは難しいと考えています。

私のおすすめは、プロを頼る(英会話スクールを利用する)という選択です。

英語は日本語のように文字と音声が一致していないことから、フォニックスに基づいて読み方を教える必要があります。

最近は、フォニックスを覚える教材やアプリなどはよく見かけます。

それも活用すればよいのですが、それだけでは文章は読めるようにはなりません。

英語の文章を読むには、フォニックスの知識を「文章を読む力」につなげることが重要なので、その繋がりを教えてくれる先生が必要です。

はむ先生

息子はむ

わが家も、子供の英語読解力向上はプロにお願いしました。
大正解だったと感じています!

英語の会話力と読解力を同時に上げられる英会話スクール

ノバキッド(Novakid)

息子の会話力と読解力の向上を目的に選んだオンライン英会話が、4~12歳向けのオンライン英会話スクールノバキッド(Novakid)です。

現在、5歳の息子ですが、4歳からノバキッドを始めて約1年半で簡単な会話と読解ができるようになりました。

レッスンは平均すると週2回受けています。

全て英語で進められるレッスンの中に、うまく読解力が身に付くようカリキュラムが組まれているので、総合的な英語力が高まります。

現役英語講師
はむ先生

世界的に人気を誇っている理由が納得できるクオリティの高さです!

ノバキッドを始めた頃
画面の前にいることがやっと…

1年後の様子
長い文章も徐々に読めるように

ノバキッドは、世界40か国の子供たちがレッスンを受けており、カリキュラム・教材・教師の質が非常に高いのが特徴です。

オンライン英会話に馴染みのない方も多いかもしれませんが、インターネット環境さえ整っていれば、送迎なしに、自宅の隙間時間を利用してレッスンを受けられとても便利です。

▷ ノバキッドのレッスン料は、こちら

4歳息子の1年間で見られた驚くほどの変化は、英語を教えるプロに任せたからこそ成しえたものだと思っています。

現役英語講師
はむ先生

子供と相性の良い先生も選べます!

なかなか良いカリキュラムを提供する英会話スクールと出会えないのが現状です。

「会話+読解力」を英会話スクールに任せたいなら、ノバキッドがぴったりです!

\\Novakid//
公式ホームページ

体験後、解約手続き不要
お友達紹介コード PROMO329625

※ 紹介コードで通常1500円のところ【4000円割引】になるポイントがもらえます!

3|英語を話す・使う体験をする

自宅での英語の取り組みとして、英語をたくさん聞くことは欠かせません。

しかし、英語アニメなどの動画を見ていたとしても、それだけでは子供は英語を話すようにはなりません。

英語を使わざる得ない状況が用意されることで、子供は初めて自分の言葉として英語を使う挑戦をしますし、結果として英語が身に付きます

子供でも慣れない言葉を話すのは簡単ではありません。

頑張らないといけないことなので、子供自身が必要性を感じなければ英語は話しません。

現役英語講師
はむ先生

赤ちゃんのころから英語に触れていても同じです。

私が、マンツーマンの英会話レッスンをおすすめするのは、「自分しか返事をする人がいない状況」を作り出せるからです。

英会話レッスンの回数は少なくとも週2回(理想は週3回)だと思っています。

この頻度を通学タイプの英会話で実現することは、オンライン英会話が現実的です。

しかし、子供を相手にしていると理想通りには事が運ばないこともあるかと思います。

通学タイプ、日本語OKのレッスンなど、その他おすすめ英会話もリストアップしてみました。

▷ 詳しくは、こちら

現役英語講師
はむ先生

良い方法があったとしても、嫌がられたら無理強いはしない方が良いです。

小学生は英語の授業があるのでお得?

小学校では3年生から英語授業が始まります。

今は1年生から英語を取り入れている小学校も多いと聞きます。

授業数は多くないかもしれませんが、外国人の先生と触れ合える機会あるのなら、自宅での取り組みが発揮できる場となります。

クラスで発言することはなくても、先生が話すことが分かるかもしれませんし、お友達と一緒に果物の名前が言えるかもしれません。

小さな成功体験の積み重ねは、子供の自信につながります

また、英会話のレッスンは話す練習をすることが目的なので、決められた内容を話すことが多いと思います。

お休みの期間を利用するなどして、英語で工作を習ったり、季節のパーティーイベントに参加したり、子供が「英語で」何かをする機会を設けるのもおすすめです。

大手英会話は無料で体験できるイベントを季節ごとに企画していますので、チェックしてみて下さい!

\イベント企画している英会話/

現役英語講師
はむ先生

申し込みは公式HPからできます

小学生からのおうち英語|親が専門知識を増やす

おうち英語の基本は、自宅で英語を聞かせる・読ませる環境を整えることです。

一部、英会話や読解をプロに任せたとしても、日常生活で英語に触れられる環境を作ることは大切です。

最後に、おうち英語を進めるにあたって参考になりそうな

  • 親のためのガイド

についてご紹介したいと思います!

現役英語講師
はむ先生

その他、お勧めできる英語教材をご紹介します!

子供の英語学習について書かれている本

おうち英語を先導する親御さんに余裕があれば、子供の英語教育について書かれた本を数冊読んでみるのも良いと思います。

自宅で英語に触れられる環境を用意する場合にも、子供がどのように英語を身に付けていくのかという知識は役立ちます

今は分かり易くまとまっている本がでているので、よろしければ手に取ってみてくださいね!

\まずはこれ/
小学生の英語学習が
分かり易く解説されています

\英語学習の捉え方の参考に/
立命館小学校の先生が書かれた本です

アカデミックな視点から「言葉の習得」について読みたい場合にはこちら!

\第二言語習得の専門家/
最前線の研究者が書いています

小学生からのおうち英語は「読解」が肝!

子供の英語習得において、英語を聞く時間を多く作ることは基本です。

小学生にもなれば、赤ちゃんの時のように英語を聞かせ過ぎて、日本語に影響がでることもまずありません。

英語を身に付けてもらいたいと思ったら、子供が無理なく、できるだけ長く英語に触れられるような仕組みを考えてみて下さい。

それでも、宿題など他教科の勉強もあるので、1日1時間程度が限界かと思います。

現役英語講師
はむ先生

楽しく継続できることがポイントです!

小学生という年齢を考えると、読解力をいかに身に付けるかが英語力を高めるための肝になります。

英語で楽しく歌を歌っていても、英語力はいつまで経っても高まりません。

私のおすすめは、

  1. 自宅で「英語を聞く」
  2. 英会話スクールで「発話と読解力」
  3. 小学校の英語授業で「実体験」

することで、総合的な英語力の向上を目指すことができると考えています。

もし分からないこと、迷われることがあれば、無料の個別相談も行っているのでお気軽に使ってください。

▷ はむ先生の個別相談は、こちら

参考にしていただければ幸いです!