おうち英語のやり方

【小学生におすすめ英語勉強法】聞き流しは幼児まで。倍速学習と暗唱を!

2020年度から必修化された英語教育は、残念ながら、小学生の英語嫌いを作り始めています。

主な理由は「英語を聞いても何を言っているのか分からない」というものです。

英語学習には様々な方法があり、年齢によって適切な学び方は異なることが分かっています。

現役英語講師
はむ先生

はじめまして。大学で英語を教えている「はむ先生」と申します。

教歴は15年ほど。現在は仕事をしつつ、4歳の息子の相手をする、そんな毎日を過ごしています。

個別相談も行っています。どうぞお気軽にご利用下さい!

年齢に合わない学習方法を取り入れることは、結果として英語嫌いを作り出すので注意が必要です。

小学校6年の間でも、小学3~4年生頃から得意とする学習スタイルが変化することが分かっています。

この時期、音声情報よりも文字情報に強くなる傾向が見られるのです。

文字を好む年齢の子供に、聞いても分からない音声を聞かせ続けることは、英語嫌いを作る要因の1つになります。

この記事では、8歳以降の子供に学習効果の高い

  • 文字を利用した倍速学習と暗唱

をご紹介したいと思います。

現役英語講師
はむ先生

小学1~2年生のお子さんは、こちらの記事を参考になさってください。

小学生からの英語学習|聞き流しの効果は幼児まで!

小学生から英語学習を始める子供には、幼児期とは異なるアプローチが必要です。

特に高学年になると、母語習得も進み、論理的な思考ができるようになります。

単純な「聞き流し・かけ流し」は小学生には不向きです。

母語である日本語習得が進んでいる小学生には、幼児と同じ効果は期待できません。

\知っておきたい/
小学生からの始める英語学習

かけ流しからの英語インプットが困難

小学1年生の国語の授業で「ひらがな」を学び、日本語の読解力を身に付けます。

ひらがなを学ぶことにより「日本語の五十音順の知識で」英語を聞き取ろうとする様になるのです。

現役英語講師
はむ先生

このあたりから、子供たちは英語の聞き取りが苦手になっていくようです。

【小学生の聞き取りに関する調査】

小学1年生の春と冬に、どのように英語の聞き取りに差が出るのか、について比較した面白い調査があります。

小学1年生の春にはまだひらがなを完全に読めない子供がすくなくありません。しかし、小学校1年生の終わりには、ほとんどの子供がひらがなを読めるようになっています。

\panda/

という単語を聞かせた時に、春の時点では pan da と英語の2音節で切り分ける子供が多かったのに対し、冬の時点では pa n da と日本語の3音節で切り分けている子供がほとんどとなったそうです。

この調査から、ひらがなを読めるようになることで、自然な英語習得が妨げられる可能性が指摘されました。

参考文献 船津 洋著『10万組の親子が学んだ 子どもの英語「超効率」勉強法』(かんき出版)

小学生の柔軟なリスニング力と文字が読めることを活かす

小学生の英語学習では、乳幼児期には難しかった、文字情報を使用できるという強みがあります。

小学3年生以降の英語学習には

  • 柔軟なリスニング能力を活用
  • 文字に対する積極性を活用した暗唱

を行うことで、高い学習効果をもたらします。

小学生になっても、大人よりははるかに耳が良く、英語のまねも上手です。

正しい学習方法を選ぶことで、大人よりもずっと楽に身に付きます。

現役英語講師
はむ先生

まだまだ言語形成期の途中!

外国語に対する柔軟性はあることが分かっています。

文字情報なしに英語を聞き流しても分からないまま

言語発達段階から見ると、小学3年生以降(8歳以降)の子供は文字情報からの学びを得意とする傾向がみられます。

従って、音声情報のみの聞き流しをしてもあまり効果がなくなるのです。

現役英語講師
はむ先生

これは一般的な話です。

何歳であっても、子供が聴覚情報優位だと感じたらこちらの記事の方法も参考にしてください。

大人が英語でニュースを聞いていて、すべての音声を、意味ある単語のかたまりに聞き取れないのと同じです。

または、中国語を聞いていて、無意味な音の羅列にしか聞こえないのと同じです。

意味が分からなくとも、音声を聞き続ければ分かるようになると思われるかもしれませんが、1年間聞き続けたとしても、残念ながら理解できるようにはなりません。

先に何を話しているのかを文字情報から確認して音声と結び付ける必要があります。

この点が、大人に近づいている、8歳以降の子供の英語の学び方です。

小学生におすすめの勉強法|英会話スクール

小学生の英語学習を進める上で欠かせないのが、読解力も同時に高めることができる英会話スクールの利用です。

特に高学年になったら、文字からの情報が優先されるため、文字をうまく使って英会話レッスンを行う必要があります。

幼児期のように、ゲームをしながら楽しんでいるだけではいつまで経っても英語力は高まらないので注意が必要です。

私のおすすめは、4歳から12歳の子供専用オンライン英会話スクールNovakid(ノバキッド)です。

ゲーム形式でしっかりと身に付くレッスンを外国人の先生から教わることができます。

実際に私の息子も1年間、週2回のレッスンを受け、英語が話せるようになり、読めるようになりました。

\\Novakid//
子供に英語を贈ろう!
45日間返金可能!

Novakid公式HP

無料体験レッスン申し込めます

お得に始める!
\novakid/
キャンペーン情報

【お友達コード】無料体験レッスンで使える!

→ PROMO329625

「お友達コード」を入力すると、初回レッスン購入が【7000円割引】になるポイントがもらえます。

キャンペーンコード】新規レッスン購入時に使える!

→ STEP20

レッスン料が【20%オフ】になるコードです。

【2022年】はむ先生のおすすめ英会話スクールを紹介します! 2022年、私の一押し英会話スクールは、Novakid(ノバキッド)です。 現役英語講師はむ先生 息子にもこちらの英会話スクール...

小学生におすすめの勉強法|倍速学習と暗唱

英語力の向上には、英会話スクールと併用して、自宅での英語の取り組みも欠かせません。

幼児期を過ぎた子供に、効果を発揮する方法は「倍速学習」です。

言葉を倍速(1.5倍、2倍、3倍など)で聞くことで、心理効果が生じて、小学生以降でも英語が聞き取れるようになります。

これはもちろん中学生以上にも有効的ですし、大人にも使えます。

現役英語講師
はむ先生

この倍速学習、実際に研究もされており、実証されています。

また、随分前の話になりますが、私も大学生のときに英語学習に取り入れました。

確かに聞こえるようになりますので、おすすめです!

小学生からの倍速学習|やり方とその効果は?

倍速学習の効果は、車の運転になぞらえることで理解しやすくなります。

普段、一般道を時速50キロで走っていてもあまり遅いと感じませんが、高速道路に乗って時速80キロで走り慣れたあとに、もう一度一般道に戻ることを想像してください。

現役英語講師
はむ先生

同じ時速50キロでも、とてもゆっくりに感じるのではないでしょうか。

これと同じことが、英語の聞き取りにも起こり、普段聞き取れない言葉が聞こえるようになるのです。

人間の心理的な影響をうまく使った学習方法といえそうです。

倍速学習の進め方

倍速学習の進め方

  1. 全体の意味内容を日本語を介して理解させる
  2. テキストを見て文字を追いながら、標準スピードで英文を聞かせる
  3. テキストを見ずに、倍速のスピードで英文を聞く
  4. もとの速度に戻し、声に出しリピートして繰り返す
  5. たくさん聞くことで文章ごと暗記していく
現役英語講師
はむ先生

具体的にどのように倍速学習を進めていくのか見ていきます。

小学生も大人と同じで、まるで意味不明のものを聞かせ続けても効果がありません

意味の分からない外国語を聞き続けても、雑音でしかないのと同じです。

従って、まずは内容の理解を促すため、日本語を経由させることが効果的です。

単語単位で日本語訳するのではなく、文章単位で理解させます。

これによって、「この文はこんなことを言っている」「このセリフはこんな意味だ」など、文単位の意味理解が促されて、学習準備が整います。

くれぐれも文法指導や「この単語がこういう意味」というような訳はしないように心がけてください。

あくまで、英語を英語のまま理解する能力を育てることが目的です。

倍速学習ができるおすすめの教材

倍速学習には、それ専用の教材を使う必要はありません。

しかし、文章単位で日本語を経由させ、速度を変えながらリピート・暗唱する作業を考えると、倍速学習ができる教材を使う方が負担が少ないと感じます。

今回、七田式の倍速学習が可能な教材を紹介させて頂きます!

現役英語講師
はむ先生

七田式は、幼児の知育教材で有名です。

英語習得の観点から見ると、幼児期には不向きだと感じますが、小学生の倍速学習に向いています。

\タッチペンで学ぶ/
英語700フレーズ

七田式英語教材公式HP

テーマは「世界旅行」です。

世界旅行をしている主人公が、日常生活で使う約700フレーズを学ぶことができる、英語学習教材です。

  • 1日7分
  • 20フレーズが1セット
  • 35日で完了できる

というシンプルな学習プランが魅力です。

現役英語講師
はむ先生

倍速学習も、もちろん出来ます!

通常スピードで音声が流れるバージョン、3倍速で流れるバージョン、2種類の倍速学習ができるようになっています。

  • 世界の国や文化が好き
  • 英語に興味を持ち始めた
  • タッチペンが好きそう
  • コツコツ進めるのが好き

このような小学生に、特に向いている英語教材です。

700フレーズを覚えれば、嫌でも簡単な会話は分かるようになります。

小学校の英語授業で使われる言葉のほとんどは、含まれているでしょう。

現役英語講師
はむ先生

700フレーズという少なくない数を覚えることで、本人に自信が付くのも魅力です!

\実際に買ってみました/
本音の口コミ

公式HPを見てみると分かりますが、この教材は赤ちゃんから小学生を対象に販売されています。

実際に我が家でも購入してみましたが、

  • 世界旅行のテーマが難しすぎる
  • 幼児期に日本語は不要

という点において、正直なところ、幼児期の子供には不向きです。

しかし、文字情報に強くなっている小学生の「倍速学習と暗唱」にとても向いている教材だと感じました。

また、返品・返金が可能なので、子供が気に入るかどうかを見極めることができます。

子供の様子を見ながら適切に対応するのが賢いと思います。

七田式英語【タッチペン】口コミ!幼児よりも小学生におすすめ しちだ式【魔法ペン】 は、幼児の右脳教育で有名な七田式教育の英語教材です。 魔法ペンは名前の通り、ペンの形をしています。 ...

小学生の英語学習|聞き流しではなく自律した学習行動が必要

現役英語講師
はむ先生

最後に、私自身が参考になったので、子供の自律心の育み方についてまとめたいと思います。

参考文献 船津 洋著『10万組の親子が学んだ 子どもの英語「超効率」勉強法』(かんき出版)

英語の聞き流しは、自然に言語習得ができる幼児期の子供を中心に、効果を発揮する学習法でした。

小学生(特に3年生以降)は言語形成期後半になり、自然な言語習得は難しくなるため、文字を意識した学習を行う必要が出てきます。

英語を始めとする外国語学習は、とにかく時間がかかります。

継続的な英語学習を、

  • 親が強制することなく
  • 子供が「楽しく」進めていく

には、子供の自律した学習行動を形成する必要があります。

子供の自律心の育て方

自律学習の習慣づけができたら、親として最高ですよね。

幼児にはなかなか難しいのですが、小学校1年生にもなれば、どんな子でもできるようになると、船津氏は述べています。

逆に、早めに自律学習をできるように育てる必要があると注意喚起されています。

まず、押しつけではなく、自らの判断で「やる」と決めさせるところから始めます。

英語の教材も「やりなさい」と押しつけるのではなく、「こんなのあるんだけど英語を勉強してみるかい?」と尋ねたりしつつ、うまい具合に本人の意思で「やる」と言わせるようにします。

そして、「本人の意思で決めた」ことを親子の間で再確認して、教材に取り組み始めます。

p.232

三日坊主という言葉があるように、最初の数日は約束通りに進むだろうとされています。

しかし、3日もすると意気込みは薄れてきて、面倒くさがりの心が顔を出します。

ここでの親の態度が子供の自律心を左右する点だと書かれています。

「ちゃんとやりなさい」と言ってしまったら、そこまで、だそうです。

約束・実行のパターンを作る

\自律心/
子供の中に育てる

「約束」と「履行(りこう)」の繰り返しが効果的

子供がさぼっているのを発見したら、取り組むことを促すのではなく、放っておき、寝る間際に「今日やった?」と尋ねるそうです。

すると、「忘れた」なり「やってない」と返事をするかもしれません。または「すぐやる」というかもしれません。

例え、すぐに取り組むと言ったとしても、ここでやらせてはいけないといいます。

言われたらやるというパターンを作らないためで、その代わりに「約束」を持ち出します

「今日はもう遅いから寝なさい。明日はしっかりやりましょう」と声をかければ、どんな子でも「うん」というでしょう。

これで「約束」が成立、翌日に子供が取り組んでいれば良し。

「約束」が「履行」されたということです。

現役英語講師
はむ先生

私は親に言われている間は全く勉強をしなかったので、子供の気持ちは分かりますが。。。息子を上手く導けるか心配です。

小学3年生からの英語は自立した学習が基本

我が家では、息子の英語教育を、乳幼児期から始めました。

乳児期には一般的なかけ流しを基本に、私からの英語での語りかけはゼロで育てています。

それにもかかわらず、英語を自然に習得できており、人間の言語能力の不思議を目の当たりにしました。

小学3年生から別の言語学習を新たに始めたと仮定する場合、同じやり方では言語習得はできないと感じます。

現役英語講師
はむ先生

息子はもうすぐ5歳になりますが、英語以外の言語の動画が流れると「何を言っているか分からない」と言うからです。

小学生から英語学習を取り入れる場合、私なら、まず子供に英語を学ぶ価値を話します

  • 世界には色々な国があり言語があること
  • 英語は世界中で学ばれている外国語であること
  • 世界の共通言語として学ぶことに価値があること

日本に住んでいる場合、生活の中で直接英語が必要とされる場面が少なく、価値を実感できる機会が少ないのです。

しかし、日本という国は、世界とつながることで繁栄しています。

例えば、食べ物の生産の自給自足率は66%です。残りは海外からの輸入であり、日本にいる誰かが外国語で交渉成立させることで、食べ物を手に入れられています。

現役英語講師
はむ先生

私なら、こんな話↑を簡単にするかもしれません。

英語ができて損をすることはなく、子供の未来をひらいてくれる能力であることは間違いありません。

子供が分かる言葉で、英語を学ぶことの価値を理解してもらい、自律した英語学習につなげられるよう努めると思います。

参考にしていただければ幸いです!