目的別 7選!英会話スクールを探すなら こちら

おうち英語のアウトプットにはオンライン英会話がおすすめ!

当サイトには広告が含まれていることがあります。

おうち英語について調べていると、インプットアウトプットという言葉を目にすることがあるでしょう。

英語教育について勉強したことがある場合も存じかもしれません。

英語インプット
英語をたくさん聞くこと(読むこと)

英語アウトプット
英語を自分の言葉として使うこと

英語を身に付けるには、
英語のインプット・アウトプットもどちらも必要です!

おうち英語を進める中でインプットの時間を確保することは比較的簡単です。

おうちで英語に触れる時間を作れば良いからです。

悩ましいのがアウトプットではないでしょうか。

現役英語講師はむ先生

はじめまして!
英語講師の「はむ先生」と申します。
教歴は15年ほど。現在、大学の非常勤講師として働いています。

英語アウトプットは悩ましい…

英語のアウトプットがなかなか進まない

教材を変えてみようかな…
アウトプットの機会が足りないのかな…

インプットを増やそうか
アウトプットの機会を探そうか

おうち英語を進めたい親の立場からすると、どういう対策を取ろうか、教材が悪いのか、インプットが足りないのかなど、悩みの種の1つでしょう。

一方、英語習得におけるアウトプットについては、第二言語習得や英語教育の調査結果から多くのことが分かっています。

特に難しいことは何もなく、おうち英語で参考できることばかりです。

専門知識を付けながら、後悔のない選択をしていただければ嬉しく思います!

目次

おうち英語のアウトプット|いつから?

おうち英語をしている理由は1つだと思います。

現役英語講師
はむ先生

子供さんに英語を身に付けて欲しいからですね。

では、どの程度の英語を身に付けて欲しいのか考えていきましょう。

言葉の習得にはさまざまなレベルがあります。

簡単に分類すると、受信発信に分けられます。受信は聞いて(読んで)理解できること。発信は話して(書いて)伝えられることです。

言葉の習得順序

聞ける → 話せる → 読める → 書ける

言葉の習得順序は、受信が先で、発信があとです。

一番先にできるようになるのが、聞いて理解できることで、最後にできる様になるのが書いて伝えることです

英語に限ったことではありませんが、

  • 聞いて理解できなければ、言葉は話せない
  • 読んで理解できなければ、文章は書けない

ことは理解しておいた方が良いでしょう。

そして、英語のアウトプットというのは発信(話す・書く)にあたります

人はどのように言葉を身に付け、使うようになっていくのでしょうか。以下、詳しく見ていきましょう!

おうち英語のアウトプット|英語の発話は自然に任せる

第二言語習得で知られていること|その1

子供が日本語を身に付けていくように、十分な英語インプットがあれば、英語は自然に使えるようになるというのが、一般的な専門家の認識です。

研究者の中には、アウトプットの機会がなくても、言葉のインプットさえあれば言語習得は可能だと唱える人もいるくらいです。

逆に言えば、言語習得に言葉のインプットは欠かせないと言えます。

おうち英語をしていると、子どもに英語アウトプットが見られないことに焦りがちです

それは、おうちでの英語教育について、正しいやり方を誰かに教わることもなく、手探りで進めていくことがほとんどだからでしょう。

自分のやり方が正しいのか、間違っているのか、はっきりとした方向性が見えないなかで進めていくので、不安になるのは当然です。

しかし、言語を習得するには長い時間が必要です。これは母語習得でも同じです。

言葉のインプットが十分でない場合、アウトプットは見られません

子供が言葉を話し出さない(アウトプットしない)ということは、インプット量が不十分であると理解しましょう

おうち英語のアウトプット|環境を整えることは必要

第二言語習得で知られていること|その2

言葉のインプットが十分になれば、自然に英語を口にするようになります。しかし、英語を上手く使いこなすには、「英語を使う練習をする」必要があります。

英語を話すことは、泳ぐことや自転車に乗ることと同じだと言われることがあります。

つまり、知識として身に付いている言語でも、実際に使うことはまた別の技能であるということです

全く何も話さないうちに、英語アウトプットができる環境を用意する必要はありません。

引き続き、英語のインプットを続けることが大切です。

英語アウトプットの場を用意する目安は、ぽつりぽつりと英単語やフレーズを口にする様子が見られるようになる頃です。

英語のインプットが十分に蓄積された目安になります。

英語を話すことができる環境(英語を話さなければいけない状況)を用意してあげることで、より上手く言葉を使いこなせるようになります

おうち英語のアウトプット|英語インプットは継続する

第二言語習得で知られていること|その3

言語を習得するには長い時間がかかります。

母語習得においても日常生活や教育の場で日本語を聞き続けているからこそ、高度な言葉の使い分け、読み書き、コミュニケーション能力が高まっていきます。

英語習得に関しても同じです。英語力を高めるには、さまざまな分野・種類の英語インプットを継続し続ける必要があります。

おうち英語の目標は、ご家庭によってさまざまだと思います。

いずれにせよ、言語を習得するには長い時間がかかることは確実です

おうち英語をすすめるにあたって、日本語は年齢相応のレベルをきちんと習得することを前提とし、目標とする英語習得レベルを考えたいものです。

第二言語習得のバイリンガル研究では、世界中を見てもバイリンガルは数パーセントしか存在しないことが分かっています。

人に与えられている時間は平等ですから、そのくらい、年齢相応レベルで2つの言語を身に付けることは難しいことは理解しておきたい点です。

(どのレベルを目標にしても)英語を身に付けたいのであれば、英語インプットの継続は必要不可欠です。

子供の年齢や環境に合わせて、無理なく継続できる英語インプットを考え、習慣化することを目指しましょう

日本語習得も10歳頃からがスタート
やっと大人に近づく

日本の環境下で日本語を母語とする場合、通常5歳ぐらいで日本語の基礎が完成します。そこから、音と文字とを結びつけて考えられるようになり、10歳ぐらいで母語で抽象的な物事を考えられるようになります。

そこから、難しい語彙や表現を学んでいきます。つまり、10歳からが本格的な言語習得のスタートです。

https://ouchi-schooling.com/goal-to-achieve/

おうち英語のアウトプット|どんな方法がある?

英語をぽつぽつ口にし始めて、このまま放っておいてもこれ以上は話さないだろうなと感じたら、英語アウトプットの場を用意する時期です。

英語アウトプット、つまり子供にとって英語を使わざる得ない状況を用意するということ。

日本の生活環境下においては、おうち英語の延長でできる英会話レッスンが無難でしょう。

英会話レッスンには昔からある

  • 教室に通うタイプの英会話スクール
  • 自宅でレッスンを受けるオンライン英会話スクール

があります。

それぞれに利点がありますので、子供の気質や性格に合わせて検討することをおすすめします。

おうち英語のアウトプット|英会話教室に通う

通学タイプの英会話スクールのメリット

  • 長期的なカリキュラムがしっかりとくまれているスクールが多い
  • 同年代のクラスメートと楽しく学べる
  • おうちでの英語学習の取り組みにアドバイスをもらえる

通学タイプの英会話スクールのメリットは、レッスンの質が担保されているスクールが多いことです。

長年運営されているスクールも多いので、多くの子供が通い、スクール側もノウハウが蓄積されていると思います。

子供からしてみれば、同年代のお友達と楽しく英語を学べることも良い点でしょう。

少し人見知りであったり、引っ込み思案な子供さんの場合は、少し様子をみてあげる必要があるかもしれません。

親の立場からすると、英語を教えることを職業としているプロと接点ができる訳ですから、おうちでの英語の取り組み方などを質問できる機会ができます。

それも1つのメリットです。

現役英語講師
はむ先生

おうち英語に取り組んできたから、他の子供とレベルが合わないのではないかとあまり考える必要はありません。

英会話レッスンは「知っている知識を実際に自分の言葉として使う場」だからです。

今まで英語インプットをしてこなかった子供に比べ、英語アウトプットの上達は早いので、逆に自信になるかもしれません。

それを機に、英語をより好きになってくれたら嬉しいですね。

おうち英語のアウトプット|おすすめ英会話教室 シェーン英会話

通学タイプのおすすめ英会話スクールはシェーン英会話です。

シェーン英会話は、2022年オリコン顧客満足度No.1(子供小学生の部)を獲得している老舗英会話スクールです。

個人的には、ネイティブ講師月謝制であるという点が、気に入っています。子供のイヤにもすぐに対応できますよね。親として安心です。

入会時期によっては、入会金無料などのキャンペーンも行っています。無料体験を受ける時期を調整し、うまく利用してみてください!

\無料体験レッスンは随時開催中/

シェーン英会話公式HPはこちら→

比較検討先としてのおすすめスクール

スクール選びは比較しないことには、そのスクールの特徴やメリット・デメリットが分かりません。

比較対象には、ペッピーキッズクラブをおすすめします。ペッピーキッズクラブのレッスンは、子供に適していると評判が高いです。また全国1400か所にスクールを持っており、利用しやすい英会話スクールです。

シェーン英会話スクールとの違いは、担当の講師(ネイティブ講師オンリーか日本人講師との組み合わせか)とスクールシステムです。

無料体験レッスンを受け、子供さんの性格やご家庭の状況に適しているスクールを検討してみてください。

ペッピーキッズクラブの公式HPはこちら→

おうち英語のアウトプット|オンライン英会話を利用する

オンライン英会話スクールのメリット

  • 発話量の増えるマンツーマンレッスンで低価格
  • 相性の良い講師が選べる
  • 自宅でレッスンを受ける為、子供の英語の習得状況が把握できる

自宅で受けるオンライン英会話スクールのメリットは、マンツーマンレッスンなのに低価格というところにあるでしょう。

グループレッスンが中心の通学タイプの英会話スクールだと、楽しく学べる反面、どうしても一人に充てられる発話量自体は少なくなります。

通学タイプでもマンツーマンレッスンを開講しているスクールもありますが、授業料が3万円前後と割高です。

私が個人的にメリットだと考えているもう1つのシステムは、子供と相性の良い先生が選べるところです。

先生によって当たり外れがあるのは仕方がないと捉えることもできますが、言語の習得には教え上手な先生の存在が欠かせないと思います。

また、自宅でレッスンを受ける為、子供がどのくらい話せるようになっているのかという英語力の上達が把握がしやすいです。

レッスンの様子をビデオで録画でき、後で見返すことができるスクールも多くあります。

おうち英語のアウトプット|おすすめオンライン英会話 Novakid(ノバキッド)

オンライン英会話スクールはレッスンの質にばらつきがあります。ですので、スクール選びが肝心です!

おうち英語で英語インプットを十分にしてきた場合、単語を覚えることが目的ではありません。

きちんと文章で話すこと練習することを目的として、きちんと長期的なカリキュラムを組んでいるスクールを選ぶ必要があります。

おすすめは子供専用の英会話レッスンを提供しているノバキッド(Novakid)です。4歳から12歳が対象となっています。

息子もおうち英語を進めており、ノバキッドをアウトプットの場に決めました。

現在、継続8か月目ですが、始める前とは比べものにならないほど、英語で話すようになりました。

ぜひ、ご検討ください!

ノバキッドの公式HPはこちら→

ノバキッドお友達コード

無料体験申し込み時に「お友達コード」を入力すると、初回レッスン購入が1500円割引になるようです。よろしければお使いください。

→ PROMO329625

https://ouchi-schooling.com/novakid-trial-lesson/
目次